浜辺美波、北村匠海、北川景子、小栗旬が全員号泣の「キミスイ」予告映像公開

「君の膵臓をたべたい」90秒予告公開

7月28日公開の映画『君の膵臓をたべたい』の90秒予告映像が解禁された。


映画は、2016年本屋大賞第2位、2016年・年間ベストセラーランキング単行本フィクション部門1位に輝いた話題の同名小説を実写映画化。
膵臓の病を患うヒロインと【僕】との交流を描く青春ドラマで、映画では、原作にはない12年後の<現在>も描かれ、<過去>と<現在>2つの時間軸を行き来しながら物語が進んでいく。

ドラマ&映画『咲-Saki-』で初主演を飾り、今年要注目の美少女と目される浜辺美波と、ダンスロックバンド・DISH//のメンバーで俳優としても活躍する北村匠海というフレッシュなW主演が実現。重い膵臓の病を罹うヒロイン・桜良とクラスメイトの【僕】を瑞々しく演じる。
さらに12年後の<現在>パートでは、教師となった【僕】を小栗旬が、桜良の親友・恭子を北川景子が演じる。

公開された予告映像では、衝撃的なタイトルコールから一転、小栗旬演じる【僕】の泣き姿から始まり、「彼女の言葉が、今でも忘れられない――」と、12年前の回想シーンへ。膵臓の病を患う山内桜良(浜辺)が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村)と彼女の関係が少しずつ変わっていく様子が描かれていく。
さらに、病室のベットでそっと泣いている桜良や、ウエディングドレス姿で涙をこぼす恭子(北川)、学生時代の【僕】の泣きじゃくる様子と、胸を衝かれる珠玉のシーンが紡がれている。
「君が伝えたかった本当の想い」「僕らは、何ひとつ知らなかった」「12年後に明かされる真実」、そして「ラスト、きっと このタイトルに涙する――。」と、次々に差し込まれる言葉から、否が応にも結末への期待が高まる映像となっている。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top