今年も開催「ミスiD」4/1からエントリー開始 審査員に菅野結以・倉持由香・紗倉まな

講談社主催のオーディション「ミスiD2018」の詳細が発表された。


「ミスiD2018」イメージビジュアル

「ミスiD2018」イメージビジュアル

「ミスiD」とは、「世界にひとりだけの女の子」を探し、その人にあった新しいスタイルで世に出そうというオーディションプロジェクト。
これまでに、現「ViVi」モデルの玉城ティナ、笑わない美少女・蒼波純、”神スイング”で一躍知名度を上げた稲村亜美らを輩出しており、今年で5回目の開催となる。

今年のキャッチコピーが「ぼっちが、世界を変える。」エントリーは4月1日からで、12歳から35歳までの女性が対象。プロ・アマ、国籍、未婚・既婚も問わず、タトゥーや金髪もOK。自身の新たな可能性を見つけたいすべての女性が対象となる。
書類審査通過者は6月下旬に行うカメラ・VTRテストに参加。その後2度の選考と審査員との面接を経て、2017年10月下旬に「ミスiD2018」及び各賞が発表される。
応募は「ミスiD2018」公式サイトの専用応募フォームから。

審査員には今年から、モデルの菅野結以、グラビアアイドルの倉持由香、セクシー女優の紗倉まな、ニュースサイト「ナタリー」を運営する株式会社ナターシャ取締役会長・大山卓也氏、女性ファッション誌「LARME」の創刊編集長で現「bis」編集長の中郡暖菜氏が新たに加わった。

■「ミスiD2008」公式サイト
https://miss-id.jp/2018

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top