大原櫻子のライブに広瀬すず&中条あやみがサプライズ登場 

大原櫻子、広瀬すず、中条あやみ(左から)

女優の広瀬すずと中条あやみが26日、東京・渋谷の国立代々木競技場第一体育館で開催された「TOKYO GIRLS MUSIC FES.2017」にサプライズ出演した。


広瀬と中条は現在公開中の映画『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』に出演。同作の主題歌を歌う大原櫻子の出番前に映画の予告VTRが流れ、スピーカーから2人の声が聞こえてくると会場は騒然。2人がステージ上に姿を現すと、割れんばかりの大歓声が響き渡った。
広瀬は客席に向かって「皆さん、さくちゃん(大原)のライブ、楽しみにしてますか?」と問いかけ、「もうそろそろ、さくちゃんのライブの時間です。みんなで楽しみましょう!」と大原にバトンタッチ。

大原は同作の主題歌「ひらり」、挿入歌の「青い季節」を含む全5曲を熱唱。ライブ後には再び広瀬、中条をステージに呼び込んだ。
プライベートでも仲の良いことで知られる大原と広瀬。きっかけは「第93回高校サッカー選手権大会」で広瀬が10代目応援マネージャーを務め、大原が応援歌「瞳」を担当したこと。ライブを客席で見守っていた広瀬は、大原が「瞳」を歌ったことを受けて、「初めてお仕事した時の曲。出会いの曲です」と懐かしみ、「この3曲が聴けて、すごい嬉しかった」と、自分と縁の深いセットリストに感慨深げだった。

また、会場に『チア☆ダン』を観た人を問いかけると、多数の手が上がり、3人は「わ〜!すごい!」「嬉しい!」と歓喜。
広瀬と大原は先日、プライベートで一緒に映画館に行き、同作を鑑賞したそうで、大原は「私は彼女が行ったらパニックになると思って、『人少ないところがいいよね?』って聞いたら、『いや、多いほうが感想がいっぱい聞ける』って。マネージャーさん大変だなと思いました」と広瀬の怖いもの知らずの一面を暴露。広瀬は「さくちゃんから『本当に変装して来てください』って敬語でメールが来ました」と苦笑いを浮かべていた。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top