欅坂46初の全員楽曲「W-KEYAKIZAKAの詩」MV公開 グループの道のりを描く

欅坂46「W-KEYAKIZAKAの詩」MV

欅坂46が4月5日にリリースする4thシングルにカップリングとして収録される「W-KEYAKIZAKAの詩」のMVが公開された。


「W-KEYAKIZAKAの詩」は、欅坂46とけやき坂46(ひらがなけやき)の全32名で歌う初めての楽曲。
2016年12月に有明コロシアムで開催されたワンマンライブにて初披露され、メンバーの絆を歌った歌詞がファンの胸を打った。

MVは「サイレントマジョリティー」や「世界には愛しかない」「大人は信じてくれない」など、欅坂46のMVを数多く手掛ける池田一真監督が担当。
これまでの欅坂46の歴史をなぞるようなMVとなっており、欅坂46の「サイレントマジョリティー」や「二人セゾン」、けやき坂46の「誰よりも高く跳べ!」などこれまでの楽曲の振り付けが散りばめられていたり、長濱ねるの途中加入を感じさせるシーンがあったりと、グループの象徴的な出来事がMVを通して追体験することができる作品に仕上がっている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

関連記事


Top