アキラ100%の裏側に池田エライザ苦笑「すごいですね」【超十代】

「ReLIFE」のステージに登場したアキラ100%

28日、千葉・幕張メッセで開催された「超十代 – ULTRA TEENS FES – 2017@TOKYO」で、映画『ReLIFE リライフ』のステージが行われた。


W主演の中川大志と平祐奈をはじめ、高杉真宙、千葉雄大、池田エライザ、岡崎紗絵のキャスト6人が仲良さげにランウェイを歩くと、先端では全員で肩を組んでポーズ。その後、“「ReLIFE」ティーンサポーター”として、越智ゆらの、紗蘭、横田真悠に混じり、シークレットゲストのお笑い芸人・アキラ100%が登場した。

裸芸で2017年度の「R-1ぐらんぷり」を制したアキラ100%だが、この日は服を着ての出演。MCの鈴木奈々、流れ星から「服を着てると全然わからない」との声を受け、一度舞台袖へはけて、普段の裸芸スタイルに衣装替えして再登場。裸にシルバーの盆で股間を隠したアキラ100%の後ろ側を覗き込んだ池田エライザは「今まで後ろがどうなってるんだろうって気になってたけど、すごいですね」と苦笑。
アキラ100%は、『ReLIFE リライフ』のヒットを祈願してネタを披露するも、18歳の平からは「下品」と一蹴されていた。

「超十代 – ULTRA TEENS FES – 2017@TOKYO」は、10代の「やってみたい!」「見てみたい!」「触れてみたい!」を実現させる体験型イベント。
藤田ニコル、池田美優、大友花恋、吉木千沙都ら人気モデルたちによるファッションショーや、ぺこ&りゅうちぇる、綾部祐二(ピース)らによる特別ホームルームを行う「教室ステージ」、世界で活躍するティーンのダンサー・スケーター達のパフォーマンスを間近で見ることができる「PLAYステージ」、ダンスバトルやエクストリームスポーツパフォーマンスを体感できる「ランプステージ」など、10代に向けた様々なコンテンツが展開される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

関連記事


Top