ヒュー・ジャックマン来日決定 Twitterで日本のファンへメッセージ

『LOGAN/ローガン』© 2017Twentieth Century Fox Film Corporation

オーストラリア出身の俳優ヒュー・ジャックマンがマーベル映画最新作『LOGAN/ローガン』のプロモーションのため来日することがわかった。


1年7ヶ月ぶりの来日となるジャックマンは、本作を手掛けたジェームズ・マンゴールド監督と来日し、5月24・25日に実施が予定されている大規模なレッドカーペットイベントや記者会見へ登壇する。
ジャックマンは本日6日、日本のファンに向けて、自身のTwitterに動画を投稿。「オハヨウゴザイマス。5月に日本に行くことになり、とても嬉しいです。新作『ローガン』をみせることができて、とても興奮しています。今回のワールドツアーで日本は最後の場所ですが、最高の最後です。アリガトウゴザイマス」と流暢な日本語を交えて訪日を発表した。

大ヒット・シリーズ『X-MEN』において最高の人気を誇る“ウルヴァリン”ことローガンは、スパイダーマン、バットマン、アイアンマンらとともに2000年代以降のアメコミ映画の隆盛を牽引してきた孤高のヒーロー。
国際的なスーパースターとして揺るぎない地位を築いたヒュー・ジャックマンにとっては、ハリウッドでの成功をたぐり寄せた最も思い入れの深いキャラクターだが、本作で17年間に渡って9度演じたウルヴァリンを卒業する。“最後のウルヴァリン”を演じたジャックマンは「本当に全力を出し切った」と自信を見せている。

映画はミュータントがほぼ絶滅し荒廃した近未来を舞台に、治癒能力を失いつつあるローガンが、ミュータントの唯一の希望となるローラという謎めいた少女を守る最後のミッションに挑む。6月1日公開。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top