欅坂46、1万2000人を前に1年間の集大成パフォーマンス ひらがなけやき増員も発表

デビュー1周年記念ライブを開催した欅坂46

欅坂46が6日、東京・渋谷の国立代々木競技場第一体育館でデビュー1周年を記念するライブを開催。これまでに発表している全楽曲を披露し、集まった1万2000人のファンとともにグループの記念日を祝った。


2016年4月6日に「サイレントマジョリティー」で鮮烈なデビューを飾った欅坂46。デビュー1周年を祝うこの日のステージ上には「HAPPY BIRTHDAY」の文字とともに、グループを象徴するかのような大きなケヤキの木があしらわれた。
定刻すぎ、メンバーのインタビュー映像が会場のスクリーンに映し出されると、満員の会場は大きな歓声に包まれた。続けて、オープニングSEの「OVERTURE」にのせて、1年間の歩みを振り返るVTRが流れ、映像が終わるとステージ上にはメンバーのシルエットが浮かび上がり、1stシングル「サイレントマジョリティー」でライブの幕が開けた。


その後も1stシングル収録曲を次々と披露。「手を繋いで帰ろうか」のラストにはロウソクが1本立ったケーキが持ち込まれ、ファンと「Happy Birthday to You」を合唱し、欅坂46の1歳の誕生日を祝福。メンバーを代表してケーキを口に入れた原田葵は「今まで食べたケーキで一番美味しいです」と満面の笑みを見せていた。
そのままMCに突入し、長濱ねるが1stシングルについて熱く語っていると、背後にバスが登場。他のメンバーがバスに乗り込んで去ってしまい、遅れてグループに加入した長濱がバスに乗り遅れるという演出の後、長濱らによる「乗り遅れたバス」へ。
1stシングル収録曲を披露し終えると、スクリーンには長濱のインタビュー、そして2016年5月に結成された、けやき坂46(ひらがなけやき)メンバーのインタビューが映し出された。ここでけやき坂46のメンバーがこの日初めてステージに上がり、2ndシングルに収録されたけやき坂46最初の楽曲「ひらがなけやき」をパフォーマンス。漢字欅のメンバーに引けを取らない大きな声援を浴びた。


ライブ中盤ではダンスパートからクールなダンス・ナンバー「語るなら未来を…」で観客を魅了。続く2ndシングルの表題曲「世界には愛しかない」では、4組に分かれてトロッコに乗り込み、アリーナを半周。会場の端で折り返すと、アリーナ中央でトロッコが1つに連結され、全員で息の合ったパフォーマンスを披露した。
2ndシングルの収録楽曲を披露した後のMCでは、「世界には愛しかない」が主題歌に起用されたメンバー出演のドラマ『徳山大五郎を誰が殺したか?』で着用していた制服姿で登場。当時を懐かしみながら、今だから言える裏話などで盛り上がった。
前日5日にリリースしたばかりの4thシングルのパートは、メンバーがTシャツやパーカーなどカジュアルな衣装に着替えての「エキセントリック」の初披露からスタート。平手友梨奈と長濱ねるの「微笑みが悲しい」では、2人が背中合わせに歌ったり、頭をつついたりと、2人ならではのパフォーマンスを披露し、最後はケヤキの木の前で見つめ合いながら歌いあげた。本編の最後は表題曲の「不協和音」で1年の成長ぶりを見せつけ、割れんばかりの大歓声の中、幕を下ろした。


アンコールを受けて再びステージに登場すると、キャプテンの菅井友香は「こうやってアニバーサリーライブをここにいる皆さんとこんなに大きな会場で迎えることができて、本当に嬉しいです。皆さんのおかげです。本当にありがとうございます」とファンに感謝。「来年の今頃はどうなっているのか想像もできないんですけど、もっと成長して、ひと回り大きくなった私たちで来年の4月6日を迎えられたらなと思っています」とさらなる飛躍を誓った。

また、アンコールではこれまで12人で活動してきたひらがなけやきの増員が発表された。今夏オーディションが開催される。
発表を受けてひらがなけやきの佐々木久美は「私たちも漢字欅さんの後をついて行っているばっかりなので、先輩になれるか不安なんですけど、たくましい先輩になれるように、これからもっと頑張ります」と動揺を抑えてコメント。菅井友香は「ビックリなんですけど、メンバーが増えるということで、みんなで力を合わせて欅坂がパワーアップできればいいなと思っています。これからの欅坂を楽しみにしていてください」とファンに呼びかけた。
ラストは32人全員での楽曲「W-KEYAKIZAKAの詩」で会場全体が1つになって1周年ライブを締めくくった。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

関連記事


Top