柏木由紀、北九州「あるあるCity」5周年公式アンバサダーに 新シアターこけら落としライブ決定

「あるあるCity 5周年公式アンバサダー」に就任した柏木由紀(中央)

AKB48/NGT48の柏木由紀が北九州市小倉駅前の商業施設「あるあるCity」の開業5周年公式アンバサダーに就任した。9日、同所にて就任式が行われた。


アンバサダーに就任した柏木は、「出身である鹿児島や今回アンバサダーを務めさせていただく北九州を含め、九州を盛り上げるお手伝いができたら」と地元・九州への温かい想いを述べた。今後1年間「あるあるCity」と北九州市を強力にPRしていくとのこと。

また同日・同会場にて、北九州市、あるあるCity、エイベックス・エンタテインメントの3者が包括連携協定を締結する調印式も行われた。
これにより、3者を中心に協力体制を築き、エンタテインメント分野における北九州市の活性化を目指し、今後「あるあるCity」を拠点として様々なエンタテインメントコンテンツを提供していくほか、「あるあるCity」を含めた小倉駅前の様々な施設で、ライヴやイベント等を実施していくという。

その最初の取組みとして2017年5月3日(水)に「あるあるCity」7階に「あるあるCityホログラムシアター」がグランドオープンすることが発表された。
ライヴ会場への切り替えが可能な、日本初のホログラムシアター兼ライヴスペースとなり、最先端のプロジェクター設備を備えたエンタテインメントのマルチスペースとして新しいカルチャーの発信地を目指す。
グランドオープンとなる5月3日には、シアターオープン記念スペシャルライブとして、「あるあるCity 5周年公式アンバサダー」に就任した柏木由紀がワンマンライブを開催することも発表された。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top