菅田将暉、野村周平、竹内涼真らイケメン俳優集結の現場「男子校みたいだった」永野芽郁が明かす

映画「帝一の國」完成披露試写会

映画『帝一の國』完成披露試写会

映画『帝一の國』の完成披露試写会が11日、東京国際フォーラムで行われ、出演の菅田将暉、野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗、志尊淳、千葉雄大永野芽郁、メガホンを握った永井聡監督が舞台挨拶に登壇した。


菅田らキャスト7人は会場に敷かれたレッドカーペットを通って登壇すると、男性キャスト陣が作中曲の太鼓演奏を披露。迫力あるパフォーマンスで会場に詰めかけた4,000人を湧かせた。

主人公・赤場帝一役の菅田は、演じた感想を求められ「楽しかったです!」と元気良くひと言。共演者から「小学生か!」とツッコまれ、「楽しかったもんは楽しかったんですよ」としみじみ。「この映画を僕らの果たし状にしようとずっと言ってたんですよ。いい果たし状が出来たと思います」と作品に自信をのぞかせた。

舞台挨拶では、自宅からギターを持ってきた菅田の演奏にのせて竹内が歌を歌ったエピソードや、野村がセリフがないはずの場面でアドリブを言い過ぎるため、志尊のマイクを外して野村につけたという裏話など、男性キャストたちが口々に和気あいあいとした撮影現場の雰囲気を述懐。
本日の登壇者で紅一点となった永野が「男性たちの会話が本当に男子校みたいだったので、あんまり聞かないようにしてたんですけど、すごい楽しそうだったっていうのが印象的ですね」と不敵な笑みを浮かべると、菅田は「まあ、男子校みたいな盛り上がりでした。ここではおしゃべりできないようなことを・・・」と意味深な発言で会場を湧かせていた。

そんなキャストたちについて、永井監督は「全員が主役を張れる人たちなので、どうなるのかなと思ったんですけど、なんか普通に子どもでしたね全員」とバッサリ。「こんな感じでずっと喋ってるし、血液型がどうだとか、周平くんは僕にドヤ顔でピラミッドの謎をずっと話してて」と明かしつつ、「大変でしたけど、僕も楽しかったです」と撮影を振り返っていた。

映画『帝一の國』は、集英社ジャンプSQで2010年から5年間連載された同名漫画を、菅田将暉、野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗、志尊淳、千葉雄大ら主役級の若手俳優陣を迎えて映画化。日本一の名門校を舞台に、菅田演じる“生徒会長選挙に命をかける男”赤場帝一を中心とした、生徒会長の座を賭けた派閥闘争が繰り広げられる、学園政権闘争コメディー。
4月29日(土・祝)より全国東宝系にて公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top