山崎賢人、主演舞台2年4ヶ月ぶり再演「より掘り下げていけた」初日を前に手応え

俳優の山崎賢人が14日、千葉・館山市の南総文化ホールにて、主演を務める舞台『里見八犬伝』の公開抜き稽古に臨んだ。


本舞台は2014年に山崎賢人が初舞台・初主演を飾ったスペクタクル時代劇の再演。知勇に優れ、仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌 8つの玉に導かれた8人の勇猛果敢な犬士(剣士)たちが出会い、立ちはだかる怨霊集団に果敢に挑み、戦いの末に悪を打ち滅ぼしていく姿をドラマティックに描く、アクションエンターテインメント。

2年4ヶ月ぶりの上演の初日を明日に控え、山崎は「前回からのキャストと今回は新しいキャストもいて、だからこそ新しい化学反応が起こっていて、どんどん良い方向に向かっています」と自信を見せる。
再び演じる犬塚信乃という役どころについて、「今回改めて台本を読んでみて、前回理解しきれていなかっところもやっと理解できて、もっとこうしたいと思えるようになってきました。より信乃という役を掘り下げていけた気がしているのでそこを観て欲しいです」と初演との違いを強調。個人的には「荘助と浜路が死んだ後の信乃の怒りの立ち回り」のシーンが好きだといい、「前回とはかなり変わったのでぜひ観て頂きたいです」とアピール。
また、座長として「前回も今回も経験豊富な先輩方がたくさんいらっしゃるので支えられながら、でも自分自身はしっかりと信乃を演じることで、みんなを引っ張っていきたいです」と意気込んだ。

演出を手掛ける深作健太は「初演は賢人君の若さと初めてのエネルギーが何か作品の力を引っ張っていった」とし、「そこから2年半経って、賢人君も大きく成長し変化したので、より成熟した信乃の魅力が引き出されています。また作品自体も座長の魅力に引っ張られて、みんなが仲を深める作業をしている感じがしています。だから、アクションももちろん、言葉の一つ一つ、人間ドラマの一つ一つを深めた作品になっていっています」と、主演の山崎の成長によってブラッシュアップした作品に仕上がった手応えを語った。

『里見八犬伝』は、4月15日の南総文化ホールを皮切りに、東京・大阪・高松・高知・長崎・福岡・金沢・広島・愛知・青森・仙台の全国12ヶ所で上演。5月30日・31日には新宿文化センター大ホールで東京凱旋公演を行う。
山崎賢人のほか、青木玄徳、玉城裕規、和田雅成、西銘駿、松島庄汰、荒井敦史、丸山敦史、青野楓、栗山航、松田賢二、比嘉愛未が出演。

※山崎賢人の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

 「里見八犬伝」

■脚本:鈴木哲也
■演出:深作建太
■公演日程:
<千葉> 4月15日(土)/16日(日)@千葉県南総文化ホール
<東京> 4月18日(火)~24日(月)@文京シビック 大ホール
<大阪> 4月28日(金)~30日(日)@梅田芸術劇場メインホール
<高松> 5月3日(水・祝)@レクザムホール
<高知> 5月5日(金・祝)@高知県立県民文化ホール
<長崎> 5月7日(日)@長崎ブリックホール
<福岡> 5月10日(水)@福岡サンパレス
<金沢> 5月13日(土)@本多の森ホール
<広島> 5月16日(火)@広島文化学園HBGホール
<愛知> 5月19日(金)~21日(日)@刈谷市総合文化センターアイリス大ホール
<青森> 5月24日(水)@リンクステーションホール青森
<仙台> 5月27日(土)@東京エレクトロンホール宮城
<東京凱旋> 5月30日(火)/5月31日(水)@新宿文化センター大ホール
■出演:山崎賢人、青木玄徳、玉城裕規、和田雅成、西銘駿、松島庄汰、荒井敦史、丸山敦史、青野楓、栗山航、松田賢二、比嘉愛未 他
■公式ホームページURL:http://satomi2017.jp/



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top