平祐奈が“国宝級イケメン”中川大志の秘密を明かす「メイクさんが困っちゃって…」

映画「ReLIFE リライフ」初日舞台挨拶

映画「ReLIFE リライフ」初日舞台挨拶

映画『ReLIFE リライフ』が15日に公開初日を迎え、W主演を務めた中川大志と平祐奈をはじめ、千葉雄大、高杉真宙、池田エライザ、岡崎紗絵、そして古澤健監督が都内の劇場で舞台挨拶を行った。


本作は人気マンガアプリ「comico」で連載中の同名漫画を『今日、恋をはじめます』の古澤健監督が映画化。
トラウマをかかえた27歳のニート・海崎新太(中川)が、リライフ研究所の夜明了(千葉)と出会い、研究所の社会復帰の実験プログラム「リライフ」の被験者として1年限定で見た目だけ若返り、学園生活を送る。

古澤監督が「海崎が夜明に『このドS!』って言った時の、ペロっと舌を出す千葉くんに萌えましたね」と告白すると、中川も「あれ可愛かったですね」と同調。古澤監督は「あんなこと他の人できないでしょ。あんなことする20代後半って何?」と会場の笑いを誘いながら、「ベロを全部出すんじゃなくて、ちょびっとだけ出すのが、すごい自分の魅力をわかってらっしゃる」と感嘆の息をもらしていた。
その後、「他の誰かの役と1日入れ替わるなら?」との質問では、中川が「自分もああいう“舌ペロ”みたいな可愛いのができるようになりたいという意味で、夜明了さん」と再び千葉をイジると、千葉が「できるよ。国宝級イケメンなんだから」と、女性ファッション誌「ViVi」の国宝級イケメンランキングで1位となった中川をイジり返す。次に回答した平も中川が演じた海崎の名前を挙げ「国宝級イケメンっていう感じを味わってみたい」と中川を照れさせた。

続けて、平演じる日代千鶴が秘密を抱えているキャラクターということに絡めて、「今だから言える自分の秘密または他のキャストの秘密」という質問でも、平は「国宝級イケメンのことなんですけど」と中川をイジりながら、「歯磨きが異常に長いです」と暴露。「歯磨きに10分かけるんですよ。だからメイクさんが困っちゃって、毎日髪の毛とかセットする時間の中に歯磨き10分を内緒で組み込んでるんです」と撮影時の裏話を明かし、中川は「やっぱり歯磨きで1日が始まるので、集中を高めるために長くやってます」と弁明していた。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top