小嶋陽菜、自ら選考した”後輩”へ囲み取材の助言「答えなくていいやつもある」

sweet collection 2017

小嶋陽菜とグランプリの姫野佐和子さん

AKB48の小嶋陽菜が15日、東京・渋谷ヒカリエで開催された、女性ファッション誌「sweet」主催のファッションイベント「sweet collection 2017」に出演。同誌初の専属モデルオーディションの特別審査員を務めた。


イベントでは1万人もの応募から最終選考に残った5人がランウェイを歩き、その中から大分県出身の大学生、姫野佐和子(ひめの・さわこ/22)さんがグランプリに輝いた。
グランプリを受賞した姫野さんは専属モデルとして1年間「sweet」誌面に登場するほか、小嶋陽菜と同じ事務所に所属し、結婚式場「エスクリ」の広告モデル、化粧品ブランド「ミッシュブルーミン」CMモデル等に出演する。

イベント後には小嶋と姫野さんが揃って囲み取材に出席した。
姫野さんは「取材を受けたことないので、たくさんのカメラやマイクがあってビックリしています」と初めての囲み取材に戦々恐々。現在は大学に通っていると話すと、記者から「何年生ですか?」「どこの大学?」と矢継ぎ早に質問が飛び、隣に立った小嶋は「すごい聞いてる」と苦笑い。自分自身は囲み取材も百戦錬磨とあって、「答えなくていいやつもあるからね」と姫野さんに釘を刺し、「この辺にしておこうとか、自分で考えながら…」とアドバイスして周囲を爆笑させた。
一方で、今後モデルとして活動していく姫野さんへ「女の子の憧れになってほしい」と期待を寄せ、「すごく完成している感じがするので、逆に自分でコレって決めずに、いろんな人に調理してもらうとか、自分を任せて、いろんな自分を出してもらうといいと思う」と真面目なアドバイスも送っていた。

自身の29歳の誕生日でもある今月19日に、AKB48劇場での卒業公演を控えている小嶋。「実感がなくて、公演でやる曲目が昨日決まったんですけど、早く見せたいっていうのもあるし、これを歌ったら終わっちゃうんだなっていう気持ちもあって、すごく複雑」と現在の心境を明かしながら、「曲を並べているだけで涙が出てくるような、泣けるセットリスト」と卒業公演の内容に自信をのぞかせていた。

「sweet collection」は、月刊ファッション雑誌における販売部数(日本ABC協会発表)で日本一を誇る女性向けファッション誌「sweet」(宝島社)の読者イベント。今年は「50s」をテーマに読者650組1300名を招待し、1950年代のパーティガール風のファッションやメイクを楽しむおしゃれ女子が一堂に会した。
イベントのオープニングでは、小嶋へ誕生日ケーキが贈られるサプライズもあった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top