指原莉乃、新レギュラー「この指と〜まれ!」初回収録「アイドルの希望になる番組に」

「この指と〜まれ!」の収録に臨んだ指原莉乃

指原莉乃が司会を務める新番組『この指と〜まれ!』(フジテレビ)が、5月5日(金)よりスタート。先頃、番組の初回収録が行われた。


昨年末に放送された『指原議長とアイドル国会』で初めてアイドル番組のメインMCを担当した指原が念願のレギュラーMCを務める『この指と〜まれ!』は、各回ゲストアイドル1組を招いて魅力を紹介する、アイドルによるアイドルのためのアイドル総合バラエティ番組。
初回収録では、チームしゃちほこ、大阪☆春夏秋冬、アンジュルム、わーすたの4組がゲストに登場し、指原はサブMCの土田晃之とともに、軽快なトークで各グループのメンバーの個性を引き出し、賑やかな収録となった。

収録後、「正直、昨日まで『大丈夫なのかな』っていうのがありまして、もちろん土田さんがいるっていう安心感はあったんですけど、自分がアイドルなぶん、アイドルグループ1組で番組を作る怖さをわかっているので。しかもMCが私だし、心配でした」と収録前の率直な心境を明かした指原だが、「それぞれのグループの皆さんがネタを練ってきてくださっていて、いっぱいお話を練習してきてくれたんだろうなっていうのがわかった。私もすごく楽しかったし、4本の収録って多いほうなんですけど、楽しく、あっという間に終わることができました」と笑顔を見せた。
現在、代々木アニメーション学院と組んで声優アイドルグループのプロデュースに乗り出している指原。「自分のプロデュースするアイドルがデビューする頃にまだ番組が続いていたら、是非、土田さんに私の作ったアイドルを見てもらいたい」と目を輝かせる一方、今回の収録で「運営に不満はありますか?」との質問に「イエス」と答えたアイドルが多かったことに言及し、「結構衝撃だったので、運営に不満を持たれないアイドルにしたい」と戦々恐々としていた。


先日、番組のサブMCを決めるユーザー投票が行われ、HKT48の後輩、矢吹奈子に決定。今後、ロケのナビゲーターや番組ナレーションを担当する。指原は「HKT48のメンバーが選ばれたことはとっても嬉しい。是非、スタジオにも来てほしい」としながらも、「そもそもアイドルの皆さんがメチャクチャなので、そこに奈子が来ちゃったらどうなっちゃうんだろう」と個性が強いアイドルたちとの共演に不安を吐露して周囲を笑わせていた。

また、「アイドル業界が今までガーッと来てたぶん、ちょっとその流れがゆるやかになってきたなって、みんな感じている」と現在のアイドルシーンを俯瞰し、「その中で、『この番組に出たい』とか、アイドルの皆さんのモチベーションがちょっとでも上がるような、アイドルの希望になる番組になったらいいな」と番組の今後に期待を込めた。

『この指と〜まれ!』は、フジテレビにて5月5日(金)より毎週金曜深夜26時から。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top