新垣結衣、涙から笑顔の演技で一発OK「これまでの人生を考えた」

新垣結衣

女優の新垣結衣が日本製紙クレシアのティシューブランド「クリネックス」のブランドアンバサダーに起用され、18日、都内で行われた新CM発表会に登場した。


クリネックスは33年ぶりの大幅なブランドリニューアルを実施し、品質改良を施した新商品を4月21日より発売。同日より新垣を起用した新TV-CMのオンエアをはじめ、広告・キャンペーンも展開する。
新ブランドアンバサダーに就任した新垣はCM衣装にクリネックスのティシューで出来たティアラを身に着け登場。「お姫様になったような気持ち」と笑顔を見せた。

新CM「クリネックス ふれるたび篇」では、新垣の持つピュアなイメージと清潔感でクリネックスブランドの世界観を表現。撮影は神奈川県内の海岸沿いで行われた。新垣は「シチュエーションがすごく素敵で、天気も良くて海がキラキラ光っていて、そういう景色も手伝ってくれた」と撮影を回顧。CMの核となる、新垣が涙を流し、その後笑みを浮かべる難しいシーンもワンテイク目でOKが出たようで「あっという間に撮影が終わりました」と明かした。
今回、なぜ涙を流しているのか、という設定は細かく決まっておらず、演技プランは新垣に委ねられた。「流した後に笑顔になる瞬間を撮っていただいているので、そういうことに当てはまることってなんだろうなって、これまでの人生とかを考えてみたりして、いろんな人と出会ったり別れがあったり、楽しいことがあって、悲しいことがあって、そういうのを乗り越えたらまた笑顔になれたなとか、いろんなことを思い浮かべていたら涙が流れてきました。最終的には幸せだなと思って笑顔になれた」と渾身の演技を振り返った。
「涙するお芝居はあまり得意ではない」という新垣。ドラマや映画では「誰かを演じているので物語の気持ちの流れで泣けるように頑張っています」といい、「お芝居を始めた頃はまったく関係ないことを考えて泣いたりもしてました」と恥ずかしそうに明かしていた。

また、CMの内容に絡めて「喜怒哀楽は激しい?」と聞かれた新垣は「激しくないと思います」と答え、「よほどのことがない限り表には出ないです。あまり気づいてもらえない」と感情は抑えめのよう。一方で、「『あれ、つまらないの?』とか『怒ってるの?』って言われるんですけど、普通なんですよっていう時が多いですね」と周囲に誤解されることも多いと語っていた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top