土屋太鳳・松井愛莉・広瀬すずが「お母さんにしてあげたいこと」とは?

「デコガーナを贈ろう」篇メイキング

土屋太鳳・松井愛莉・広瀬すずが出演するロッテ「ガーナミルクチョコレート」の新CM「デコガーナを贈ろう」篇が4月20日から全国でオンエアされる。


新CMは、3人がそれぞれ母親のことを想いながら、『ガーナミルクチョコレート』の赤いパッケージに、個性あふれるデコレーションを施していくというもの。最後には「お母さん、待ってて、ねー!」という広瀬の掛け声と共に、大きなカーネーションに乗って、母のもとに飛んでいくシーンが描かれている。

ガーナミルクチョコレートのパッケージにキラキラのリボンを巻き、ラベルを貼る土屋、ひと綴りになったクマの切り紙を2人に広げて見せ、それをパッケージに貼り付ける広瀬に対し、松井はパッケージを押すと、中から母親の似顔絵が飛び出し、さらにその上にカーネーションが飛び出すという大掛かりな仕掛けを作成。ドヤ顔で披露するという内容。
撮影前にそのパッケージを手にした松井は「すごーい!何これー!」と大興奮。隣で見ていた土屋と広瀬も「愛莉ちゃん、一体何を作ってるの!?(笑)」と思わず突っ込みを入れていた。
最後は3人が大きなカーネーションに乗って飛んでいくシーンを、 天井からぶら下げられたセットを使用して撮影。3人とも「フゥー!」「楽しい!!」「意外にいけるかも!」と大はしゃぎ。まるでアトラクションのように楽しんでいた。

2014年からガーナミルクチョコレート「母の日CM」シリーズのCMキャラクターを務めている3人。昨年のCMは3人別々に撮影したため、松井は「今回は3人揃う事が出来て嬉しかったです」、土屋も「3人で撮影するって楽しいなって。“デコガーナ”なので、皆でワイワイ(撮影も)出来ました」と3人揃っての撮影を喜んだ。

撮影後のインタビューでは、広瀬が最近、夜遅く撮影が終わり、腹ペコで帰宅した時に母親に感謝したエピソードを披露。「その日は(撮影中は)夜ご飯を食べる時間が無かったので、凄くお腹が空いたんです。お腹が空き過ぎて寝れなくて(笑)そしたらお母さんが寝てたのに起きて来てくれて。『お腹空いた』って言ったらすぐに作ってくれました」といい、「これがもし一人だったら、と思うと…。やっぱりお母さんってそういう時にパッと作れる姿も尊敬できるし、お母さんと一緒にいるっていいなって思 いました」と母親の存在の大きさを噛み締めたようだ。

また、「お母さんにしてあげたいこと」では、土屋が「デコガーナのイメージでお母さんに似合うアクセサリーを作ってプレゼントしたい」、松井は「ゆったり温泉旅行!」、広瀬は「ゆったりした時間を増やしてあげたい」と、それぞれ母への思いを語った。

■CMカット

■メイキング

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top