欅坂46平手友梨奈が初の「逆電」に挑戦 同世代女性ファンとの電話に感動の声

欅坂46の平手友梨奈がこの4月から、10代向け人気番組「SCHOOL OF LOCK!」(TOKYO FMほか)の人気コーナー「GIRLS LOCKS!」(月-木・22:15頃〜)の3週目パーソナリティを担当。17日に初登場すると、18日にはリスナーと直接電話する「逆電」に初挑戦。そこでの女性ファンとのやりとりがネット上で話題となった。


欅坂46・平手友梨奈

欅坂46・平手友梨奈

「逆電」は、“ラジオの中の学校”「SCHOOL OF LOCK!」の公式サイトに設けられた掲示板に書き込んだ生徒(リスナー)のもとへ直接電話をかける、番組の名物企画。今回は「SCHOOL OF LOCK!」に登校し始めたばかりの平手が先輩生徒に挨拶しようというテーマで、年上のリスナーへ電話することに。
2日目にして初の逆電に挑戦した平手が電話をかけた相手は、平手の大ファンで欅坂46のCDも全部持っているという、高校2年生の女の子。大好きだという平手との電話に、第一声から「やばいです〜」と感極まった様子で、電話越しにも泣いているのがわかるほど。初逆電で「すごく緊張しています」という平手に「私のほうが緊張しています!」と返すなど、微笑ましいやりとりを見せた。
「(欅坂46を)デビューの1日前に知って、友梨奈ちゃんの写真を記事で見て、そこから『サイレントマジョリティー』のMVを見て、もうこの子しかいない!と思って……それからずっと大好きです。本当に大好き」と思いの丈をぶつけられた平手は「え〜!ありがとうございます!」と感激しきり。そんな2人のトークに、インターネット上には「電話してる子、幸せそう」「電話の相手、めっちゃいい子」「微笑ましい」との声が相次いだ。

学生生活の様子や学校で流行っていることなどを話し、お笑い好きの平手から「ブルゾンちえみさんに憧れてるんです」という衝撃発言も飛び出した後、最後に、高校1年生の平手からアドバイスを求められた“先輩”は、「今まで勉強を理由にしてその時にしかできないようなこと、自分がしたいこととか、(欅坂46の)握手会に行くことも全部諦めがちで、でも今それをすごく後悔していて……だから、友梨奈ちゃんには自分の思うがままに、やりたいって思うことをやり尽くしてほしいです」と温かいメッセージ。
欅坂46の「世界には愛しかない」のメロディーがバックに流れるなか、「青春してほしい……悔いの残らないように、今しかできないことをしてほしいです」と声を震わせながら精一杯伝えると、SNS上には「もらい泣きしそう」「胸が締め付けられた」「泣きながら必死に伝えてるのを聞いて、こっちまで泣いた」と共感の声が溢れ、愛のこもった言葉を贈られた平手本人も「え〜、泣けてくる!」と感動した様子だった。
番組終了後にも「なんていいラジオなんだろう」「神回だった」とリスナーの絶賛の声が寄せられた。

「平手友梨奈のGIRLS LOCKS!」は毎月第3週の月曜から木曜、TOKYO FMをはじめとするJFN38局ネット「SCHOOL OF LOCK!」内にて22時15分頃から放送。
平手の初逆電の様子は、radikoのタイムフリー機能で聴くことができる。

■SCHOOL OF LOCK! 2017/04/18(火)
http://radiko.jp/share/?sid=FMT&t=20170418220000



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top