橋本愛・永野芽郁・染谷将太が井の頭公園100周年記念映画「PARKS」初日に舞台挨拶

映画『PARKS パークス』初日舞台挨拶

映画『PARKS パークス』が22日に公開初日を迎え、同日、東京・テアトル新宿で初日舞台挨拶が行われた。


舞台挨拶には本作に出演した女優の橋本愛、永野芽郁、俳優の染谷将太、音楽監修のトクマルシューゴ氏、企画・製作の本田拓夫氏、瀬田なつき監督が登壇した。

井の頭恩賜公園の開園100周年を記念して企画された本作は、井の頭公園と吉祥寺が舞台。
吉祥寺に住む大学生の純(橋本)のもとにある日、見知らぬ高校生のハル(永野)が訪ねてくる。亡き父の昔の恋人・佐知子を探しているというハルを手伝うことにした純は、佐知子の孫・トキオ(染谷)と出会い、3人はすでに亡くなっていた佐知子の遺品の中から、ハルの父と佐知子の歌声が録音されたテープを見つけ、その曲を完成させようと試みる。

小学3年生の時に吉祥寺でスカウトされたことがきっかけで芸能界入りした永野は、「『PARKS』の前に撮っていた映画も、その後に撮った映画も全部吉祥寺で撮っていたので、自分にとってすごく縁のある街だなと感じながら、『PARKS』の撮影もしていた」と吉祥寺への特別な思い入れを明かし、「こうして今日この映画が公開されるのがすごく嬉しいです」と感慨深げに語った。

主演を務めた橋本は先日、地元に帰ってよく行っていた公園に遊びに行ったといい、「ちょっとほんのり切ない気持ちになった」と話す。
「時間が過ぎて、自分の過去も幻だったんじゃないかっていうくらい現実感がないものになっても、公園っていう場所はずっとそこに形を変えないままあり続けていて、景色とか、公園という場所ってこういうものだよなって思った」と思いを馳せ、「この映画もそういう過去のノスタルジックな部分に触れて、少し暗くなって、でも最後はカラッと明るく前に進めるような清らかな映画になったんじゃないかなと思う」と完成した作品に手応えを感じている様子だった。

舞台挨拶の途中には、東京都西部緑地公園事務所の大道所長と井の頭恩賜公園の公式キャラクター・ひゃくさいくんが登場。大道所長から主演の橋本へ初日を祝う花束が贈られた。

「PARKS パークス」

出演:
橋本愛 永野芽郁 染谷将太
石橋静河 森岡龍 / 佐野史郎
監督・脚本・編集:瀬田なつき
音楽監修:トクマルシューゴ
エンディングテーマ:相対性理論「弁天様はスピリチュア」
製作:本田プロモーションBAUS

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top