乃木坂46、過去最少人数のアンダーが東京体育館3days完走

今作のセンターを担う渡辺みり愛

乃木坂46のアンダーメンバーが4月20日(木)から22日(土)の3日間にわたり、東京・千駄ヶ谷の東京体育館で「乃木坂46アンダーライブ 全国ツアー2017 〜関東シリーズ 東京公演〜」を開催。3日間で4公演を行い、各公演8000人、延べ3万2000人を動員した。


本公演は乃木坂46の17thシングルのアンダーメンバーによる単独ライブ。今作は選抜メンバーが過去最多の21人となったため、アンダーメンバーは過去最小の12人。そのセンターに立った渡辺みり愛は、初日のオープニングで、満員となった会場に感極まり、涙。「今回のアンダーメンバーは、乃木坂46史上最少人数の12名で、最弱とも言われる中、この日の為にメンバー一丸となって頑張ってきました。今回のアンダーのセンターとしても引っ張っていきたいと思います!」と宣言した。

ライブ本編では、乃木坂46の楽曲の中でアンダーメンバーが歌唱する、いわゆる“アンダー楽曲”を中心に構成しながら、各公演3人のメンバーに焦点をあて、その3人がセンターに立ってシングル表題曲を披露する「ファンタスティック3」というコーナーや、アンダーメンバーによる最新シングル「インフルエンサー」の貴重なパフォーマンスなどで観客を湧かせた。

22日(土)夜に行われた最終公演のアンコールでは、今回のアンダーメンバー12名の歌唱曲「風船は生きている」で、4,600個の風船が振り落とされ、会場を感動で包み込んだ。
さらにダブルアンコールが始まり、乃木坂46のライブ定番曲「ダンケシェーン」を熱唱して終了すると思いきや、場内の盛り上がりは収まらず、異例のトリプルアンコールに突入。12人で渾身の「ガールズルール」を披露し、歓声と熱気の中で幕を閉じた。

“最弱”の汚名を返上する最高のライブを作り上げた、ひたむきなアンダーメンバーの姿に誰もが心打たれる3日間となった。

「乃木坂46アンダーライブ2017 全国ツアー〜関東シリーズ 東京公演〜」

■4月20日(木)セットリスト

M1:風船は生きている
M2:シークレットグラフィティー
M3:春のメロディー
M4:13日の金曜日
M5:ブランコ
M6:狼に口笛を
M7:自由の彼方
M8:ここにいる理由
M9:生まれたままで
M10:左胸の勇気
M11:扇風機
M12:君は僕と会わない方がよかったのかな
M13:初恋の人を今でも
M14:涙がまだ悲しみだった頃
M15:命は美しい
M16:君の名は希望
M17:走れ!Bicycle
M18:裸足でSummer
M19:別れ際、もっと好きになる
M20:嫉妬の権利
M21:不等号
M22:あの日 僕は咄嗟に嘘をついた
M23:インフルエンサー
※本編終了
EN1:ロマンスのスタート
EN2:ハウス!
EN3:風船は生きている

■4月21日(金)セットリスト

※M1〜M14とM19〜EN3は上記と同じ。
以下4曲のみ変更。
M15:太陽ノック
M16:サヨナラの意味
M17:ハルジオンが咲く頃
M18:ガールズルール

■4月22日(土)昼公演セットリスト

※M1〜M14とM19〜EN3は上記と同じ。
以下4曲のみ変更。
M15:気づいたら片想い
M16:何度目の青空か?
M17:おいでシャンプー
M18:夏のFree&Easy

■4月22日(土)夜公演セットリスト

※M1〜M14とM19〜EN3は上記と同じ。
以下4曲を変更&ダブルアンコールが追加
M15:制服のマネキン
M16:今、話したい誰かがいる
M17:バレッタ
M18:ぐるぐるカーテン
WEN:ダンケシェーン
TEN:ガールズルール



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top