「ラストコップ」豪華キャストが生ドラマ実演 竹内涼真が全力コマネチ披露&佐々木希もコマネチ挑戦エピソード語る

『ラストコップ』プロジェクト・ファイナル祭り

24日、人気ドラマ『THE LAST COP/ラストコップ』を映画化した『ラストコップ THE MOVIE』の公開直前イベントが都内で行われ、主演の唐沢寿明をはじめとする豪華キャストが登場した。


イベントにはシリーズの集大成に相応しく、唐沢寿明、窪田正孝、佐々木希、和久井映見、竹内涼真、松尾諭、桜井日奈子、武田怜奈、マギー、宮川一朗太、加藤雅也、吉沢亮ら豪華キャストが揃い踏み。
「『ラストコップ』プロジェクト・ファイナル祭り」と題し、キャストによる“生ドラマ”を上演。「あんたがレギュラーに加わってから私の出番が減ったのよ」と憤慨するムーンライト清美(マギー)に強要されて、竹内涼真が全力のコマネチを披露するなど観客を湧かせた。

生ドラマの最後に登場した唐沢寿明は最後の大事なセリフで噛んでしまい、「だから生は嫌なんだよ」とアドリブで会場の笑いを誘った。演じた後で感想を求められると、「ひどい目に遭いましたね」と苦笑いを浮かべ、「私は決して噛んでおりません」と開き直っていた。

佐々木希は「現場に行くのがとにかく楽しかった」とシリーズを回顧。
先程の竹内のコマネチを受けて、「私もHulu(「THE LAST COP/ラストコップ」another story)でコマネチやったんですよ。あれをやる時に唐沢さんに『角度が重要だ』って教えていただきました」と明かすと、唐沢は「(自分は)たけしさんに言われたんだよね。やっぱり継承していかないといけないので」と真剣な表情で語っていた。

「ラストコップ」は、30年の昏睡状態から突如目覚めた昭和の熱血デカ・京極浩介(唐沢寿明)と、京極とバディを組むことになった草食系の若手刑事・望月亮太(窪田正孝)の凸凹コンビが、豪快かつ破天荒な捜査で事件を解決していくアクションコメディ。
唐沢と窪田が別々に撮影した本作のクライマックスのシーンで、先に録った唐沢の声だけを聞きながら演技した窪田は「その声を聞いているだけでもうダメでしたね。たまらないというか、終わっちゃうのかなっていう気持ちにさせてもらったので、やっぱり唐沢さんの声ってすごいなと思いました」としみじみ。
絶賛された唐沢が「俺は声だけで勝負する時もあるからね、たまに」とドヤ顔を見せると、マギーが「ウッディの時ね」と、唐沢がアニメーション映画『トイ・ストーリー』シリーズで日本語吹き替え声優を務めていることをイジって会場を笑わせた。

完成した作品について唐沢は「冒頭は『またこいつらやってるな』っていうくだらないことの連続なんですけど、ずっと見てるとシリアスな展開にはまり込んで、最後は号泣してしまう不思議な作品。ハチャメチャな笑いはさらにハチャメチャになって、シリアスな部分はもっとシリアスになって、号泣できる作品になってます」と自信を見せていた。

『ラストコップ THE MOVIE』は5月3日(水・祝)全国公開。

「ラストコップ THE MOVIE」

出演:唐沢寿明、窪田正孝、佐々木希、藤木直人(特別出演)、小日向文世、和久井映見、黒川智花、竹内涼真、松尾諭、桜井日奈子、武田玲奈、伊藤沙莉 ・ 田山涼成、マギー、宮川一朗太
ゲスト:加藤雅也、吉沢亮、ふなっしー、升毅
声の出演:出川哲朗
監督:猪股隆一
脚本:佐藤友治
音楽:得田真裕
原作:「DER LETZTE BULLE」Red Arrow International
協力:横浜市
配給:松竹



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top