広瀬すず主演「ちはやふる」続編に優希美青・佐野勇斗・清原果耶・賀来賢人が参加

「ちはやふる –結び-」新キャスト

2016年に2部作で実写化された映画『ちはやふる』の続編のタイトルおよび新キャストが発表された。


映画『ちはやふる』は累計発行部数2000万部を超える同名漫画が原作。“競技かるた=百人一首”に情熱を懸ける高校生達の友情・恋愛・成長を、瑞々しくも熱い青春模様として描いた。

2018年に公開となる続編のタイトルは『ちはやふる –結び-』に決定。広瀬すずをはじめ、野村周平、真剣佑、上白石萌音、矢本悠馬、森永悠希、清水尋也、松岡茉優ら主要キャストが再集結し、前作から2年後の主人公・綾瀬千早をはじめとする瑞沢高校の競技かるた部員やクイーンらの成長を描く。

続編より新たに登場する、新キャスト4名も決定した。

「ちはやふる –結び-」人物相関図

「ちはやふる –結び-」人物相関図

太一(野村周平)に一目惚れをして、瑞沢高校・競技かるた部に入部した、恋に恋する恋愛体質の新入生・花野菫役には、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』や『マッサン』などへの出演で注目を集める若手女優・優希美青。同じく瑞沢高校・競技かるた部に入部した、新入生・筑波秋博役には、5人組ボーカルダンスユニット・M!LKのメンバーで、俳優としても活躍中の佐野勇斗。映画オリジナルキャラクターとなる、千早のライバルで現役準クイーン・我妻伊織役を『3月のライオン』でヒロインを演じた清原果耶。
そして原作において重要キャラクターである、史上最強の名人・周防久志役を、ドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』での熱演が記憶に新しい賀来賢人が演じる。

前作から引き続き主演を務める広瀬すずは「今回、新たなキャストの皆さんの大きな力と共に、より成長した千早を生きていきたいと思います」と続編への意気込みを語った。

優希美青(花野菫役)コメント

続編から参加させていただくということで不安もありますが、早くキャストやスタッフのみなさんの輪の中に入り込めるよう菫ちゃんらしく元気いっぱい作品に挑みます!
実際にかるたの練習をしたり、大会やかるた部の練習を見学させていただくにつれて、私もかるたが好きになってきました。
この映画で競技かるたに携わらせて頂いたからには、競技かるたの魅力をいっぱい伝えられたらなと思っています。
撮影はこれからですが、菫ちゃんの心境の変化をうまく表現できるよう頑張ります!

佐野勇斗(筑波秋博役)コメント

今回、筑波秋博役を演じさせていただくことになりました、佐野勇斗です。
競技かるたを体験するのは今回が初めてなのですが、僕が想像していたより遥かに奥が深く、集中力、体力が必要なものなのだなと、とても驚きました。
先生方のご指導のもと、とても楽しく練習させていただいています!
ちはやふるファンの皆様が思い描く「筑波秋博」の世界観を壊さないよう、僕なりに精一杯、全力で演じ切りたいと思います!
映画の完成を楽しみにしてくださると嬉しいです。

清原果耶(役我妻伊織役)コメント

我妻伊織役で出演させて頂きます、清原果耶です。
もともと原作が大好きなので出演させて頂く喜びを噛み締めつつ、キャストの皆さんの誰よりも、早く美しくかるたをとれるように稽古に励みたいです。
「ちはやふる」に何か新しい風を感じさせることが出来れば嬉しいです。
精一杯頑張りますのでよろしくお願いします。

賀来賢人(周防久志役)コメント

この度、周防久志役で出演させていただくことになりました。
かるたの天才、名人、個性的な人物で、今から芝居するのが楽しみです。
原作、映画ともに、とても熱量のある、信念を感じる作品に参加でき嬉しいです。
続編からの参加とはなりますが、座組に良い風を吹かせられればと思います。

広瀬すず(主演/綾瀬千早役)コメント

サプライズ発表から約1年。
そして、今回、新たなキャストの皆さんの大きな力と共に、
より成長した千早を生きていきたいと思います。
既に監督からも大きな課題を頂きました。大事に大事に。
監督、スタッフの皆さん、キャストの方々の思いを結んだとき、真っ赤なちはやふるになるはず。
楽しみにしていて下さい。私も本当に楽しみです。

小泉徳宏(監督・脚本)コメント

上の句・下の句を撮影したのが2015年の春夏。
実際の時間経過通り、物語の舞台は前作から2年後の高校3年生に設定しました。
広瀬すずさんをはじめとする役者たちの2年分の成長に加え、新メンバーも参戦し、映画『ちはやふる』が格段にパワーアップして帰ってきます。
「青春恋愛スポ根映画、ここに極まる」と言われるよう、俳優・スタッフ一同、青春全部懸けます。
どんな歌が詠まれのるか、ご期待下さい



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top