「指原莉乃プロデュース声優アイドルオーディション」最終審査合格者13人が決定

「指原莉乃プロデュース声優アイドルオーディション」最終審査合格者

代々木アニメーション学院のプロデューサーに就任したHKT48指原莉乃がプロデュースする声優アイドルオーディションの最終審査が29日に行われ、13人が合格した。


書類選考(一次審査)、セリフ読み(二次審査)、歌唱、ダンス、質疑応答(最終審査)を経て、最終審査に合格したのは、下は12歳から上は20歳までの13人で、平均年齢は16.7歳。
合格者の発表後に行われた囲み取材では指原莉乃プロデューサーよりグループ名が「=LOVE(イコールラブ)」に決定したことが発表された。
由来について指原は「アイドルはファンに愛されないといけない。アイドルという仕事を自分が経験してきて、簡単なものじゃない、大変なものだけど、アイドルという仕事も愛さなければいけない、アイドル=LOVEだと感じたので」と自身の経験を踏まえてのネーミングであることを明かした。また「過去に大島優子さんも総選挙の会場で『票数は愛です』という言葉を残してくれました。私もまさにその通りだと思っています。アイドルを一度でも体験したことがある人、アイドルを一度でも応援したことがある人はきっと、『たしかにアイドルは“LOVE”だな』と納得してくれると思う」と力を込めた。

審査では、声優としての活躍を視野に入れての「声の良さ」に加え、「歌やダンスの上手さ」を重視して選んだといい、「本当に悩んで悩んで、激戦だったので、みんなにはその激戦具合をわかって、頑張ってもらいたい」と合格者に期待を寄せた。
グループは今夏のお披露目を予定。今後について指原は「みんなの顔を見てひらめいたので、曲の手配をしてもらいました。『こういう曲でお願いします』って、いま曲を集めてもらっています」と、すでにイメージを膨らませていることを明かした。

合格者に対しては、「みんなすでに可愛いので、私的には(この状態を)キープしてほしい。オーディションの時可愛くて、徐々に太っていっちゃう子もいるので、とにかく体型を維持できるように気をつけてほしい」と注意喚起。
「秋元さんのことをすごく尊敬しているし、48グループのことを尊敬している」と前置きした上で、「いつかは48グループに並ぶ、または超えるグループにしたい」と将来の目標を掲げ、「前置きを絶対書いてください」と記者に釘を刺して笑いを誘っていた。

「代々木アニメーション学院 Presents 指原莉乃プロデュース声優アイドルオーディション」最終審査通過者

・ヤマモト アンナ(19歳)
・サタケ ノンノ(18歳)
・モロハシ サナ(20歳)
・チョウナン マイ(19歳)
・サイトウ キアラ(12歳)
・ノグチ イオリ(16歳)
・オオバ ハナ(17歳)
・オトシマ リサ(18歳)
・タキワキ ショウコ(15歳)
・オオタニ エミリ(18歳)
・サイトウ ナギサ(13歳)
・タカマツ ヒトミ(16歳)
・ササキ マイカ(17歳)



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top