上白石萌音、7月に初オリジナルアルバムリリース 大阪城ホールで発表

女優で歌手の上白石萌音が29日、大阪城ホールで開催された「FM802 REQUESTAGE 15」に出演。自身初となるオリジナルアルバムのリリースを発表した。


上白石萌音はポニーテールに春らしいカラフルなスカート姿でステージに登場。ヒロイン役の声優を務めた映画『君の名は。』の主題歌の1つ「なんでもないや (movie ver.)」を歌い出すと、会場は一瞬に「演じるように歌う」と称される彼女の唯一無二な歌の世界に包まれた。「初めまして、上白石萌音です!みなさん楽しんでますか。初めての大阪城ホール、まだ夢を見ているようです」と、初めての1万人を超えるオーディエンスを前に緊張しながらも笑顔で語る上白石。「短い時間なので…」と、続けてデビューミニアルバム「chouchou」に収録された1曲「366日」をアコースティックバージョンで披露した。
「次の曲が最後になります。昨日(4月28日)に配信開始したばかりの初めてのオリジナル、『告白』という曲です。今日が初披露になります」と切り出し、続けて「今日はもうひとつここで発表したいことがあります」と7月に初のオリジナルアルバムを発売することを発表した。
そして、秦基博が楽曲提供&初プロデュースをした新曲「告白」を初披露。会場中が澄み切った彼女の歌声に酔いしれた。3曲という短い時間ではあったが、しっかりとアーティスト・上白石萌音の存在感を見せつけ、初の大阪城ホールでのステージは幕を閉じた。

7月12日に発売する初のオリジナルアルバムには、フジテレビ系「めざましテレビ アクア」テーマソングでオンエア中の新曲「告白」他、有名アーティストよる提供楽曲などを収録予定という。
昨年は映画『君の名は。』『ちはやふる -上の句/下の句-』『溺れるナイフ』など、話題作に続々出演し、女優としてステップを重ねた上白石萌音。このアルバムではアーティストとして、どんな新たな一面を見せるのか。

(写真提供:FM802)



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top