乃木坂46、新アルバムジャケ写で“次のステージへ進む姿”を表現

「生まれてから初めて見た夢」初回生産限定盤

乃木坂46が5月24日(水)にリリースする3rdアルバム「生まれてから初めて見た夢」のジャケット写真が公開された。


4月中旬、都内の撮影スタジオにて3日間かけて撮影されたジャケット写真は、“乃木坂駅から新たな場所へ向かう車両”を表現したもの。

1stアルバム「透明な色」では東京メトロ乃木坂駅が、2ndアルバム「それぞれの椅子」では国立新美術館と、乃木坂にゆかりのある場所がジャケット写真となっていたが、今作は3期生も加わって新体制となった乃木坂46が次のステージへと進んでいく姿を象徴するイメージが採用された。
また乃木坂46には舞台で活躍するメンバーが多いことから、車両のセットがあえて舞台美術風に製作されている点もこだわりのポイントだ。

また、全4タイプのジャケット写真はいずれもメンバーの集合ショットとなっているが、初回生産限定盤の特典として付属するフォトブックには、46人全員のソロショットが収められ、“ファッションフォト”としても楽しめる内容に仕上がっている。

乃木坂46 3rdアルバム「生まれてから初めて見た夢」

2017年5月24日(水)発売

【初回生産限定盤】(CD+DVD)

M1:裸足でSummer
M2:サヨナラの意味
M3:インフルエンサー
M4:シークレットグラフィティー
M5:ブランコ
M6:風船は生きている
M7:(新曲)スカイダイビング<17thシングル選抜メンバー楽曲>
M8:三番目の風
M9:(新曲)君が扇いでくれた<17thシングルアンダーメンバー楽曲>
M10:(新曲)思い出ファースト<三期生メンバー楽曲>
M11:(新曲)設定温度<全メンバー楽曲>
M12:孤独な青空
M13:僕だけの光
M14:人生を考えたくなる
M15:意外BREAK
品番:SRCL-9437〜9439
価格:4,900円(税抜)
※豪華三方背デジパック仕様
★特典
DVD内容:乃木坂46 2016年ライブ特選集
豪華フォトブックレット
3rdアルバム発売記念 ファン感謝祭 “スペシャルイベント”応募券

【初回仕様限定盤 Type-A】(CD+DVD)

M1:裸足でSummer
M2:サヨナラの意味
M3:インフルエンサー
M4:シークレットグラフィティー
M5:ブランコ
M6:風船は生きている
M7:(新曲)スカイダイビング<17thシングル選抜楽曲>
M8:三番目の風
M9:(新曲)Rewindあの日<桜井玲香・西野七瀬・若月佑美ユニット楽曲>
M10:(新曲)ごめんね、スムージー<伊藤万理華・井上小百合・中元日芽香ユニット楽曲>
M11:(新曲)醜い私<衛藤美彩・斉藤優里・新内眞衣ユニット楽曲>
M12:オフショアガール
M13:君に贈る花がない
M14:白米様
品番:SRCL-9440〜9441
価格:4,300円(税抜)
★特典
DVD内容:乃木坂46 Documentary of 2016
『ないものねだり』Music Video
3rdアルバム発売記念 ファン感謝祭 “スペシャルイベント”応募券

【初回仕様限定盤 Type-B】(CD+DVD)

M1:裸足でSummer
M2:サヨナラの意味
M3:インフルエンサー
M4:シークレットグラフィティー
M5:ブランコ
M6:風船は生きている
M7:(新曲)スカイダイビング<17thシングル選抜楽曲>
M8:三番目の風
M9:(新曲)硬い殻のように抱きしめたい<齋藤飛鳥ソロ楽曲>
M10:(新曲)満月が消えた<生田絵梨花・生駒里奈・星野みなみユニット楽曲>
M11:(新曲)ワタボコリ<北野日奈子・寺田蘭世・堀未央奈ユニット楽曲>
M12:ないものねだり
M13:Another Ghost
M14:あの教室
品番:SRCL-9442〜9443
価格:4,300円(税抜)
★特典
DVD内容:秘蔵映像“野中の動画”
3rdアルバム発売記念 ファン感謝祭 “スペシャルイベント”応募券

【通常盤】(CD)

M1:裸足でSummer
M2:サヨナラの意味
M3:インフルエンサー
M4:シークレットグラフィティー
M5:ブランコ
M6:風船は生きている
M7:(新曲)スカイダイビング<17thシングル選抜楽曲>
M8:三番目の風
M9:(新曲)流星ディスコティック<白石麻衣・松村沙友理ユニット楽曲>
M10:(新曲)忘却と美学<秋元真夏・高山一実ユニット楽曲>
M11:2度目のキスから
M12:命の真実 ミュージカル「林檎売りとカメムシ」
M13:行くあてのない僕たち
M14:当たり障りのない話し
品番:SRCL-9444
価格:2,500円(税抜)



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top