伊野尾慧に山本美月・永野芽郁・真剣佑が壁ドン3連発実演

映画「ピーチガール」公開直前イベント

映画『ピーチガール』の公開直前イベントが8日、都内で行われ、山本美月、伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)、真剣佑、永野芽郁が登場した。


チャラくてお調子者の学校一のモテ王子・カイリを演じた伊野尾は、「胸キュン映画に出るってわかった時は、“壁ドン”できるってワクワクした」と話すが、蓋を開けてみれば、壁ドンする側ではなく、他の3人から壁ドンされるという役どころ。イベントでは、その伊野尾が壁ドンされる3シーンをキャストが実演することに。
1番手の山本は役に入りきって名場面を見事に再現。伊野尾も「カッコ良かった」と山本の壁ドンを絶賛した。
続いてシーンを再現した真剣佑は、壁ドンした後に伊野尾を優しく抱擁。女性200人が招待された会場からは黄色い悲鳴があがり、伊野尾も「本当にドキドキした。ちょっと好きかも」と、まんざらでもなさそうだった。
最後の永野は勢い良く壁に手をつくも、セリフを言う前に笑ってしまってNG。これには伊野尾も「人の顔を見て笑うんじゃない」とツッコミ。再度挑戦するも、やはり堪えきれず、セリフを言いながら笑いだしてしまう姿に、会場からは「可愛い〜」と声援が飛んでいた。

本作は、累計発行部数1,300万部を超える同名人気漫画を神徳幸治監督が実写化。見た目は派手だが中身は超ピュアな女子高生・ももに次々と恋の事件が巻き起こるスリリングな恋愛映画。
恋愛映画初主演の山本美月と、映画初出演にして初主演となるHey! Say! JUMPの伊野尾慧がW主演を務める。

4人はこの日、劇中で着ている制服衣装を1年ぶりに着用して登場。
伊野尾と山本は20代とあって、伊野尾は「私と山本さん大丈夫ですか?」と、やや気恥ずかしそう。山本も「すごいスースーする」とミニスカートが気になるようだった。
一方、最強の小悪魔・沙絵を演じた永野芽郁は現役高校生。伊野尾は撮影中、永野に高校生の間で流行っている反射神経を競うゲームアプリを教えてもらったそうで、「芽郁ちゃんとマッケン(真剣佑)はすごい上手で、僕と美月ちゃんは全然勝てなかった」と世代間のギャップを感じつつも、「一緒にゲームしたり、仲良くしてました」と現場を振り返った。

イベントでは、会場に招待された200人の女性の中から、最も“もも”に近い女子を決める「ピーチガールコンテスト」も開催され、グランプリに選ばれた6歳の女の子に山本からティアラが贈られた。

映画『ピーチガール』は、5月20日(土)全国公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top