綾野剛、ライバルはもう1人の「研さん」 前田敦子はAKB時代振り返り「ライバルの存在は幸せ」

『武曲 MUKOKU』完成披露試写会

俳優の綾野剛、村上虹郎、女優の前田敦子が15日、都内で行われた映画『武曲 MUKOKU』の完成披露試写会で舞台挨拶に登壇した。


映画は剣を棄てた男・矢田部研吾と天衣無縫の高校生・羽田融との宿命の対決を軸に、“父と子”“師匠と弟子”の絆を描く、激しくも熱い感動の物語。

映画の内容にからめ、ライバルエピソードを聞かれた矢田部研吾役の綾野剛は、「決してふざけてるわけじゃないんですけど」と前置きしてから「いま別の作品で“研さん”っていう役をやっていて」と現在出演中のドラマ『フランケンシュタインの恋』(日本テレビ)で深志研役を演じていることに言及し、「“研さん”対決だなと。天使のように優しい研さんが勝つか、地獄のような研さんが勝つか、楽しみです」と話し、会場の笑いを誘った。
俳優の村上淳を父に、歌手のUAを母に持つ村上虹郎は「両親」と答え、「この業界にいるってこともあるんですけど、そうじゃなくても永遠のライバルかな」とコメント。
一方、前田敦子は「AKBにいた時は、周りの方たちが作り上げてくれたライバルっていう存在がたくさんあった」とかつて“ライバル”と呼ばれた仲間たちを振り返りながら、「今は無くてはならない大切な存在になっているので、そういうライバルという存在がいるのは幸せなことだなって思いますね」と語った。

綾野は、剣の道で一目置かれる存在となりながらも、父とのある一件から進むべき道を見失い、剣を棄ててしまった男・矢田部研吾を演じるにあたり、クランクインの2ヶ月前から役作りを開始。「剣道の練習はもちろん、肉体的なトレーニングも含めてフィジカル面を強くして、アスリートの精神状態で現場に入れた」と明かす。
そんな綾野と10分に及ぶ嵐の中での決闘シーンを演じた村上が「雨と風と炭が降ってくるなかで男2人でぐちゃぐちゃになって、『何してんだろう?』って思いましたけど、楽しかったです」と渾身のシーンを振り返ると、綾野も「地獄のような現場だったね」とハードな撮影に苦労をにじませていた。

舞台挨拶にはそのほか、風吹ジュン、小林薫、柄本明、熊切和嘉監督が登壇。映画『武曲 MUKOKU』は6月3日(土)公開。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top