乃木坂46齋藤飛鳥、MONDO GROSSO新アルバムにボーカル参加 本人出演MV公開

齋藤飛鳥がMONDO GROSSO新作に参加

DJ・プロデューサーとして活躍する大沢伸一のソロ・プロジェクト、MONDO GROSSOが14年ぶりにリリースするニューアルバム「何度でも新しく生まれる」の参加ボーカリスト第2弾が発表され、乃木坂46齋藤飛鳥が参加していることがわかった。


先行シングル「ラビリンス」のボーカルを女優の満島ひかりが務めていることや、birdがMONDO GROSSO最大のヒットである「LIFE」以来17年振りに参加していることで話題を集めている本アルバム。

齋藤飛鳥が歌っているのは「惑星タントラ」。音源のみが発表され、ボーカリストが明かされていなかった同楽曲は、実は齋藤が文学少女だというエピソードからインスパイアされて制作されたという。
作詞と共同プロデュースは、相対性理論などの活動のほか、国際的なメディアアートの祭典・アルスエレクトロニカの「STARTS PRIZE」で日本人初となるグランプリを受賞した、やくしまるえつこ(作家名:ティカ・α)が担当。

「惑星タントラ」は本日19日よりiTunes等の各配信サイトにて先行配信がスタート。齋藤本人が出演するミュージックビデオも公開された。

そのほか、エレクトリックな裏打ちトラック「SOLITARY」に、都内を中心に活動する女性シンガーソングライター・大和田慧。大沢伸一が昨年結成したバンド・AMPSのライヴで披露していた楽曲を大胆にアレンジチェンジした「ERASER」に、AMPSのボーカル・二神アンヌ。SHINICHI OSAWA名義の「Our Song」を彷彿させる青春ソング「SEE YOU AGAIN」に、若手ソロシンガー・Kick a Showが参加していることが発表された。

アルバム「何度でも新しく生まれる」は、6月7日発売。6月6日よりデジタル先行リリース。本日19日よりiTunesにてプレオーダーがスタートしている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top