土屋太鳳、タキシード姿で片寄涼太&千葉雄大らと「胸キュンセリフ対決」

映画『兄に愛されすぎて困ってます』完成披露試写会

24日、映画『兄に愛されすぎて困ってます』の完成披露試写会が都内の劇場で行われ、女優の土屋太鳳、片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、千葉雄大、草川拓弥(超特急)、杉野遥亮が登壇した。


映画は小学館「Sho-Comi」にて連載中の同名少女漫画を、映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』の製作チームが実写化。
恋に恋するモテない女子高生・橘せとかと、ヤンキー系でクールだけど実は誰より妹想いなイケメン兄・橘はるかは、実は血がつながっていない兄妹。そのせとかの前にオトナな年上イケメンたちが続々と現れ、突如、人生初のモテ期が訪れるというストーリー。

主人公の橘せとかを演じた土屋太鳳はタキシード姿で登場。その理由について土屋は「昨年の夏にクランクインした時から撮影やイベントでは“橘せとか”として全力で生きてきましたけど、その一方で将来この作品を観て頂く人には、男女問わず“せとか”の気持ちになってときめいていただきたいと願ってきました。今日ついに作品として皆様にお届けすることができます。ですから、今日この場所から、皆さんには“せとか”を見るのではなくて、是非“せとか”として『兄こま』の世界を生きて、“せとか”としてお兄たちの愛を感じていただきたいと思います。なので、私も兄系イケメンズとして皆さんに愛を届けたく、この姿を選びました」と、この日の完成披露を機にせとか役を観客へバトンタッチするという意味を込めたものと説明。
そんな土屋のタキシード姿について千葉は「マジでカッコいい」と惚れ惚れ。草川も「可愛い部分もあるし、カッコいい部分も持っちゃったら、もう無敵ですよね」と絶賛した。
その草川自身はスーツでカッコよくキメつつ、足元は雪駄というスタイルであったことから、片寄から「草川さんは今日サンダルでよかったんですか?」とイジられ、「日本男子なんでね。日本魂背負ってますから」と、こだわりをアピールしていた。

イベントでは観客を“せとか”に見立てて、キャストが劇中のキメ台詞を囁く「胸キュンセリフ選手権」を開催。ランダムに選ばれた5人の女性客がステージにあがり、キャストが1人ずつ胸キュンセリフを披露する度に、会場からは悲鳴のような歓声が沸き起こった。
最後は土屋がイケメンボイスで「おまえのこと、本気で好きになってもいいか?」と、千葉が演じた芹川高嶺のセリフを演じ切り、相手役を務めた女性は「めっちゃカッコ良かったです。キュンキュンしました」と頬を赤らめていた。

映画『兄に愛されすぎて困ってます』は、6月30日(金)全国公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top