菅田将暉、中学時代の過ちを懺悔「学校中を停電させた」

菅田将暉

俳優の菅田将暉が25日、声優を務めるアニメーション映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の公開アフレコに、女優の広瀬すず、声優の宮野真守とともに臨んだ。


時間が巻き戻って同じ1日を繰り返す本作の設定にからめ、「もし中学時代に戻るなら、もう一度やり直したいことは?」と聞かれると、「中学生の時に、僕が学校全体を停電させるという事件があった」と告白。化学の授業中に理科室のコンセントにピンセットを挿したそうで、「『あれ?ピッタリ』と思って。やった瞬間に学校中が停電して、なぜだかわからないけど涙が止まらなかった。あれは本当に申し訳なかった」と懺悔。「だって誰も教えてくれないでしょ?」と弁解するも、宮野からは「わかるだろ、普通」と突っ込み。
一方の広瀬は「爪楊枝は入れたくなる」と菅田の好奇心に理解を示す。菅田から「入れたことはない?」と聞かれると、「片方にしか入れてない」といい、2人から「入れてるやないかい」と突っ込まれていた。

本作は、岩井俊二の名作ドラマを『モテキ』『バクマン。』の大根仁が現代的な要素を加え、新たに脚本化。『魔法少女まどか☆マギカ』の新房昭之が総監督を務め、夏のある1日の、淡く瑞々しい少女と少年たちの恋と冒険を描く。
主人公の少女・及川なずなを広瀬すずが演じ、菅田がなずなに密かに想いを寄せるクラスメイトの島田典道を、声優の宮野真守が典道の恋敵となる友人・安曇祐介を、それぞれ演じる。

声優初挑戦となった菅田は「チャレンジの意味も含めて挑ませてもらって、すごい楽しかったです」と充実感。
そんな菅田の印象について、宮野は「すごい真面目。監督にも『何かあったらどんどん言ってくださいね』と言って、すごく前向きに収録に臨んでいた」と語り、「フレッシュでしたね。そこが一番嬉しかったです。ピュアな2人のオーラとか、発するものに対して、そこで一緒にお芝居ができる喜びを感じながらやらせていただきました」と、今をときめく若手俳優2人との共演を振り返った。

菅田は「エンターテイメントにおいて、未完成の状態の自分を見られることってないので、どうしていいやら」と戸惑いを露わにしつつ初めての公開アフレコに臨み、収録中には「典道の『どこがだよ』のタイミングがちょっと早かった」とダメ出しを受け、「はい、すいませんでした。ごめんなさい本当に。反省してます。今後このようなことがないようにします」と何度も真摯に頭を下げる一幕も。
収録を終え、感想を求められると、「裸なのに服を着てる風にしなきゃいけないみたいな、そういう恥ずかしさ」と独特の言い回しで伝え、宮野も「それ、いい喩えだね」と感心していた。

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』は、8月18日(金)全国公開。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top