まねきケチャ、メジャーデビュー目前に藤咲真有香が卒業&引退

4人体制となったまねきケチャ

女性アイドルグループ・まねきケチャの藤咲真有香がグループを卒業、芸能界から引退することが明らかとなった。


藤咲は本日5月26日をもって活動を停止する。所属事務所は「心身の不調を訴え、4月上旬より活動を休養しておりましたが、この度、本人より芸能への復帰が難しいと相談がありました」と経緯を説明。まねきケチャは6月にメジャーデビューを控えていることから、「このタイミングで卒業しては、いつか後悔するのではと、幾度と引き留めたものの、最終的には本人の意志を尊重する形となりました」と協議を重ねた上での決定を報告した。

またグループ卒業に際し、藤咲本人もコメントを発表。「常々、自分の中でステージに立つときは、ファンの皆さんに完全に元気な状態を観てもらいたいという思いが強くありました。しかしながら、心身共に不完全な状態でステージに立つことが続き、色々と葛藤する毎日でした。このような自分の状態で活動することは難しく、完さん(プロデューサーの古谷完氏)と相談の上でしばらく休養を取らせていただきました。休養している間、自分と向き合い、何度も考えた結果、今の自分では芸能への復帰は難しいとの結論にいたりました」と決断に至った心情を吐露。「まねきケチャがこれからという時にこのような決断をしたことを本当に申し訳なく思っております。そして、メジャーデビュー前という大切な時期に、わたしのせいで他のメンバー4人にはたくさんの負担をかけてしまい、本当に申し訳ないです」と謝罪した。
今後について「アイドルではない他の道に進み、自分を確立出来るように努力していきます。この決断を後悔しないように頑張ります」と綴り、「今まで応援してくださった全ての方々に感謝します。本当にありがとうございました」と結んだ。

まねきケチャは今後4人体制となり、6月28日にニューシングル「どうでもいいや/ありきたりな言葉で」でユニバーサルミュージックよりメジャーデビューする。
なお、藤咲本人の強い希望により卒業公演等は開催しない。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top