永野芽郁が振り切って演じた小悪魔役 山本美月が感謝「こんな芽郁ちゃん『ピーチガール』でしか見られない」

「ピーチガール」女子会舞台挨拶を行った山本美月と永野芽郁

女優の山本美月永野芽郁が27日、映画『ピーチガール』のヒットを記念して都内の劇場で行われた舞台挨拶に登壇した。


本作は、累計発行部数1,300万部を超える同名人気漫画を神徳幸治監督が実写化。見た目は派手だが中身はピュアな女子高生・ももに次々と恋の事件が巻き起こるスリリングな恋愛映画。
この日は「大ヒット記念!女子会舞台挨拶」と題し、女性キャストだけでの舞台挨拶を実施。見た目は派手だが中身はピュアなもも(山本)の“可愛すぎる最強ピュアシーン”と、そんなももに異様な敵意を燃やして邪魔ばかりする、見た目は天使だが中身は悪魔という沙絵(永野)の“極悪すぎる悪事の数々”についてトークを展開。事前に公式サイトで募ったアンケートをもとに、それぞれベスト3のシーンをランキングで発表した。

永野演じた沙絵の“最凶極悪シーン”3位に選ばれたのは、ももとカイリ(伊野尾慧)のキスを隠し撮りしてインターネット上に流出しようとする場面。
永野は「単純にももちゃんを陥れてやろうと思ってやっていた」と撮影時の心境を振り返り、「カメラがまわってない時に山本さんとお話ししてる時はすごい楽しいのに、沙絵になった時すごいひどい子になっちゃうから、それが自分でも追いつくのに大変でした」と役とのギャップに苦労したことを明かす。
1位に選ばれた「ももホテル誘拐事件」では、「ここまでいっちゃうと振り切らないとできない」としながらも、「ただ、やっていると苦しくなりました。ホテルのシーンで、ももちゃんがベッドにいて、そういう状態でニヤッとしなきゃいけなかったので、本当に申し訳ないと思いながらやってました」と回顧。

山本いわく、現場では「待ち時間はずっと喋ってた。物真似大会したりとか写真を撮り合いっこしたり」と和気あいあいと過ごしていたそうだが、永野は沙絵が働いた悪事の数々を「本当にひどい。全部最低だと思う。いろいろとごめんなさい」と山本に謝罪。山本は「何も謝ることなんてないですよ。こんな芽郁ちゃん『ピーチガール』でしか見られないので。ありがとうございます」と小悪魔を演じきった永野に感謝を伝えた。

一方、山本が演じたももの“最強ピュアシーン”には、カイリのももへの一途な想いが実り、ももがカイリに「私の一番になって」というシーンや、ももが授業中にとーじ(真剣佑)に向かって見せる、右手で「LOVE」のLをつくる“Lポーズ”などがランクイン。
その他の場面で、ももが可愛らしかったシーンを客席に求めると、会場の女性から「病院の窓から落ちようとするシーン」という声があがり、山本は「パンツ選んだんです。スカートがヒラっとなってそれを隠そうとしてよろけちゃう場面なんですけど、パンツがちょっと見える可能性があるので、パンツ選ぼうということになって」と裏話を告白。実際、劇中では見えていないが、「現場では見えてるはず。みんな気を遣って見ないでくれてた」と知られざる撮影現場のエピソードを明かした。
さらに「あのシーンは原作にもある名シーンなので気合いを入れて挑んだシーンです」と熱演を振り返り、窓から落ちることに恐怖心はなかったかと聞かれると、「落ちたりとかワイヤーで吊るされたりとかするのが、割りと好きなんですよ。楽しかったです」と笑顔を見せていた。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top