ニシキ役は白石隼也 映画「東京喰種」第6弾キャストに古畑星夏・前野朋哉ら

『東京喰種 トーキョーグール』第6弾キャスト

映画『東京喰種 トーキョーグール』の第6弾キャストが発表され、白石隼也、古畑星夏、前野朋哉、ダンカン、岩松了の出演が明らかとなった。


石田スイによる人気漫画を実写映画化する本作。人の姿をしながらも人を喰らう怪人“喰種(グール)”と人間が共存する街・東京を舞台に、臓器移植によって半喰種となってしまった青年・金木研の数奇な運命を描く。

「仮面ライダーウィザード」シリーズの主演で注目を集め、今年は主演映画『ホペイロの憂鬱』の公開も控えている白石隼也が演じるのは、窪田正孝演じる主人公・カネキとその親友・ヒデが通う大学の先輩・西尾錦役。普段は人間と同じように生活をしている喰種で、ヒデを襲い、カネキと戦うことになる。
現場では「萩原監督を始めスタッフ、キャストの方々の“東京喰種”愛が物凄い」と感じていたという白石は「この熱量で作っていったら必ず面白いものが出来るだろうなぁと。そんな中で、西尾錦という魅力的なキャラクターを演じられたこと非常に光栄でした」と充実感をにじませる。

モデルで女優の古畑星夏が演じるのは、清水富美加演じる喰種・トーカのクラスメイトであり親友の小坂依子。トーカが喰種とは知らず、得意な手料理で喜ばせようとする純朴な少女だ。「依子ちゃんの、ほわんとしてる感じや、トーカちゃんを気にかける優しい部分が出せればと思いながら取り組みました」と撮影を振り返っている。

そのほか、前野朋哉が20区支部の捜査官・草場一平を、ダンカンが喰種研究家の小倉久志役を、岩松了がリゼに襲われ重症を負ったカネキを処置した医者・嘉納明博役を、それぞれ演じる。

映画『東京喰種 トーキョーグール』は7月29日全国公開。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top