有村架純&菜々緒、夏祭りの失敗談を明かす 浴衣でヨーヨー釣り対決も

auの発表会に出席した有村架純と菜々緒

女優の有村架純と菜々緒が30日、都内で行われた「au発表会2017 Summer」に出席した。


三太郎CMシリーズでかぐや姫と乙姫として出演中の2人。CMでは十二単姿がおなじみだが、発表会では新衣装となる浴衣姿で登場。有村は「十二単はとっても重たいので、すごく身軽です」とニッコリ。菜々緒も「軽くて動きやすいです。やっぱり浴衣は涼しげでいいですね」と笑顔を見せた。
「どんどん新しいCMが生まれてくるので、私もいち視聴者としてすごく楽しみにしている」という有村は、本CMシリーズの撮影について「アドリブ合戦みたい」といい、菜々緒も「アドリブが使われてることのほうが圧倒的に多いですね。8割くらいアドリブが採用されてる。急にアドリブを入れてくるので、笑いを堪える能力が付きました」と撮影の様子を明かした。

発表会では、2人が夏祭りの思い出を発表することとなり、有村は「初めての浴衣を着て友達と夏祭りに行って、最初はきれいに着飾って行くんですけど、終盤にははだけて着崩れしてしまった」と失敗談を告白。「着付けていただいたので、自分で直せなくて、必死に戻そうとしたけど着崩れたまま。でも遊びに夢中になってました」と学生時代の思い出を振り返った。

菜々緒も「やっぱり着崩れるのはつきものなんですよね。私は出先で帯がとれちゃったことがある」といい、「学生の時だったので、『プリクラ撮ろうよ』ってゲームセンターに行った時に帯がとれてしまって、近くにお母さんみたいな方がいらっしゃったので『すみません、帯がとれちゃったんですけど、直してもらえませんか?』って声をかけて直していただいて、事なきを得ました」とエピソードを披露。「ハプニングがないとなかなか人に助けてもらうことってない。人の温かみが感じられた夏祭りでした」としみじみと語った。

また、発表会では2人に夏祭りを感じてもらうためヨーヨー釣り対決を実施。ヨーヨー釣りは初めてという菜々緒と中学生以来という有村の対決だったが、結果は5対7で菜々緒が勝利。有村は「やっぱりお姉ちゃんには敵わない」と舌を巻いていた。

なお、この日の発表会では、2017年夏の新機種や外出先で自宅の上京が把握でき、家電の遠隔操作などが行えるIoTサービス「au HOME」などが発表された。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top