モー娘。牧野真莉愛が2年前の雪辱果たすノーバン始球式

始球式を行った牧野真莉愛(前中央)

モーニング娘。’17の牧野真莉愛が30日、千葉・ZOZOマリンスタジアムで行われた「日本生命セ・パ交流戦」開幕戦「千葉ロッテマリーンズ vs 阪神タイガース」戦で始球式を行った。


自他ともに認める大の野球ファンでもある牧野真莉愛は「セカパカ PLAY DREAM CAMPAIGN」の応援大使を務めるモーニング娘。’17の中から、メンバー全員によるプレゼン大会によって、今回の始球式の権利を獲得。
2年前、初めて挑戦した始球式では、まさかの大暴投で涙を見せているだけに、リベンジに注目が集まった。

応援大使の衣装でグラウンドに姿を現した牧野は、緊張の面持ちでマウンドに立つと、その場で2、3回軽くジャンプしてから投球フォームに。大きく振りかぶり右手から放たれた白球がきれいな弧を描いてロッテ・鈴木大地選手のキャッチャーミットに収まると、飛び上がって喜んだ。

投球後、モーニング娘。’17のメンバーとともに報道陣の待つ会見場に姿を現した牧野は「メンバーがずっとキャッチャーの後ろに立っていてくれたのが力になった。頑張ろうと思った」と始球式を見守った仲間たちに感謝。
「いつか始球式ができるかもしれないと肩を温めていた」と選手さながらの準備で臨んだ今回の始球式の採点を聞かれ、「今日のピッチングは100億点」と笑顔。「投げたらボールがまっすぐ飛んでくれて本当に嬉しかった」と喜びを噛み締め、メンバーから「終わってからちょっと泣いてました」と暴露される一幕もあった。

前日に出席した日本生命セ・パ交流戦」開幕記者会見で巨人の田口麗斗選手から「コンサートのパフォーマンスしているみたいにやったらいいよ」とアドバイスを受けたそうだが、実際にマウンドに上がった時は「頭が真っ白で何も考えられなかった」といい、「終わったらモツ煮が食べられると思って投げてました」と茶目っ気を見せた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top