石原さとみ、嵐・大野智は「すごいねって言わせてくれない、すごい人」 初共演の印象語る

映画「忍びの国」ジャパンプレミア

映画「忍びの国」ジャパンプレミア

嵐の大野智と女優の石原さとみが31日、東京ドームシティホールで開催された、映画『忍びの国』のジャパンプレミアで舞台挨拶に登壇した。


本作は、和田竜による、知る人ぞ知る史実に光をあてた同名小説を実写映画化。天正伊賀の乱を題材に、織田軍と伊賀忍びとの合戦をダイナックに描く。
『映画 怪物くん』以来、6年ぶりの主演映画となる嵐の大野智が主人公の伊賀一の忍び・無門を演じ、アクロバット、ワイヤー、ダンスなども交えた忍者アクションを披露。その無門が唯一、心を許す最愛の妻・お国を石原さとみが演じた。

2人はテレビのバラエティ番組での共演はあるものの、映画ではこれが初共演。
石原は大野の印象について「すごいねって言わせてくれない、すごい人」と表現し、「努力をしてるっていうのを見せない方。頑張っていることが伝わる方には『すごいですね』って言えるんですけど、それを超えて、あたかもできることが当たり前っていう感じで現場にいらっしゃる。だから飄々としてらして、常に変わらずフラットでいてくださるので、ハラハラせずに安心していられる。それって、すごい人なんですよね」と絶賛した。

これを受けて、共演のマキタスポーツは「(大野が)自然体すぎて、エキストラに紛れて見えなくなった瞬間があった」といい、「エキストラの方が結構いたんですよ。名も無き忍者たちが。『今日、大野くんいないんだな』って思ってたら、いたんだよね。お芝居やってるのを寝そべって見てたら『あれ、大野くんじゃねえかよ!』っていうのがあった」と、現場での大野の飄々とした様子を伝える。
すると大野本人も「僕もそういうことがありましたよ」と切り出し、撮影の合間にエキストラから「暑いね〜。……あ!大野さん!」と気づかれずに声をかけられたエピソードを明かして、会場を笑わせた。
マキタスポーツから「油断しすぎ」と指摘されると、「忍んでたんですよ」と役どころに絡めてきれいにまとめ、観客から拍手が沸き起こった。

舞台挨拶にはほかに伊勢谷友介、鈴木亮平、立川談春、知念侑李、満島真之介、中村義洋監督が出席した。
映画『忍びの国』は7月1日全国公開。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top