けやき坂46初の大阪ワンマン大盛況 次回7月に名古屋で“ポイ”に挑戦

けやき坂46(ひらがなけやき)が5月31日、大阪・Zepp Nambaにて「ひらがな全国ツアー2017」の大阪公演を開催した。


今年3月に開催されたZepp Tokyoでの東京公演に続く2会場目となった本公演。欅坂46もまだ開催したことのない、大阪での単独公演のチケットは完売、全国4都市でライブビューイングも初めて行われ、けやき坂46の勢いを感じさせた。

今回のツアーでは各公演ごとに課題が出され、それを次の公演で披露する企画を行っており、本公演ではタップダンスを披露することに。場内が暗転すると、メンバー12人の息の合ったタップダンスパフォーマンスが始まり、初挑戦ながら迫力のあるタップダンスに、会場は拍手喝采となった。
そしてオープニングSEの「OVERTURE」が鳴り響き、一瞬にして会場が緑のサイリウム一色になると、けやき坂46にとっての初めてのオリジナル楽曲「ひらがなけやき」で大阪公演の幕が開けた。
前回のセットリストからガラリと変わり、4thシングル収録曲がけやき坂46ver.として初披露され、平手友梨奈、長濱ねるの楽曲である「微笑みが悲しい」も関西出身の高瀬愛奈、東村芽依の2人によって披露された。

その後、MCで次回の課題として発表されたのはジャグリングの一種である、“ポイ”への挑戦。メンバーを代表して佐々木美玲と高瀬愛奈が挑戦したが、難易度の高い技にまったく歯が立たず、不安を感じている様子だった。
また同時に、次回の公演が7月6日(木)にZepp Nagoyaにて開催され、全国4都市6会場でライブビューイングが行われることも発表された。

本編の最後にはけやき坂46の中でも鉄板のライブチューンである「誰よりも高く跳べ!」を披露し、佐々木久美が「大阪最高!!」と絶叫。興奮冷めやらぬまま迎えたアンコールでは、欅坂46とけやき坂46の全員楽曲である「W-KEYAKIZAKAの詩」を披露。緑のペンライトが揺れ、会場全体が一体感に包まれた。
終演後にはメンバーが来場したファンをロビーで見送り、温かい雰囲気で大阪公演の幕が閉じた。

5月31日(水)けやき坂46 Zepp Namba公演 セットリスト

M1:ひらがなけやき
M2:制服と太陽
M3:夕陽1/3
M4:割れたスマホ
M5:微笑みが悲しい
MC〜チャレンジコーナー〜
M6:手を繋いで帰ろうか
〜DANCE TRACK〜
M7:二人セゾン
M8:You Can’t Hurry Love 
M9:僕たちは付き合っている
M10:世界には愛しかない
M11:誰よりも高く跳べ!
EN:W-KEYAKIZAKAの詩

■けやき坂46(ひらがなけやき)/ひらがな全国ツアー2017<名古屋公演>

日程:2017年7月6日(木)
時間:開場17:30/ 開演18:30
会場:Zepp Nagoya

■けやき坂46(ひらがなけやき)/ひらがな全国ツアー2017<ライブビューイング公演>

日程:2017年7月6日(木)
時間:開場17:30/ 上映:18:30
<会場>
・北海道:Zepp Sapporo
・東京:Zepp Tokyo、Zepp DiverCity(TOKYO)
・大阪:Zepp Namba、Zepp Osaka Bayside
・福岡:イムズホール



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top