AKB48横山由依・向井地美音・小栗有以ら、ロボットと「恋チュン」共演 

AKB48

AKB48の横山由依、向井地美音、小栗有以、高橋朱里、川本紗矢の5人が8日、都内で行われた週刊「ロビ2」創刊記念イベントに出席した。


6月6日に創刊した週刊「ロビ2」は、毎号付属のパーツを組み立てると、愛くるしい動きや会話を楽しめる二足歩行のロボット「ロビ」が完成するマガジンシリーズ。
イベントでは、横山ら5人と総勢48体のロビで結成した「Robi48」がダンスで共演。「恋するフォーチュンクッキー」と「LOVE TRIP」の2曲を一緒にパフォーマンスすると、メンバーは「上手!」と声を揃え、「一緒にダンスしてくれてありがとう。とっても楽しかった!」と感想を喋るロビに、「わ〜」と頬を緩めた。
横山はロビのダンスについて「振付をすごく忠実に再現してくれていて、『恋するフォーチュンクッキー』の“おにぎり”のところとか本当に上手でした」と完成度の高さに目を丸くする。48体のロビはメンバーの背後に5列に分かれて配置されており、「フォーメーションも、真ん中の列にいた子はセンターの振りをしていて、サイドの子はサイドの振りをしていたので、驚きました」と感心しきりだった。

6月17日に沖縄・豊崎海浜公園・豊崎美らSUNビーチで「AKB48 49thシングル選抜総選挙」の開票イベントを控えているAKB48。各メンバーが総選挙への意気込みを語る場面では、速報29位の向井地美音が「目標は7位以内なので、まだまだ遠いなという思いもあるんですけど、個人的に昔から29は自分のラッキーナンバーなので、ここから上を目指して頑張っていきたい」と熱い想いを述べると、ステージの端にいたロビが突然「大好き」と発言。向井地は「え!?」と驚きながら「告白された!ありがとう!」と感激。「ロビくんが応援してくれるなら、7位以内に入れるんじゃないかなって自信が湧いてきました」と笑顔を見せた。

また、速報で14位につけた川本は開票イベントへ向けて「本番での目標は15位以内。個人的に沖縄に行くのが初めてなので、楽しみながら頑張れたら」、速報9位の高橋は「目標は神7なので、まだランクアップしたいなって気持ちと、高橋朱里という人をまだ知らない人がたくさんいると思うので、たくさんの人に知ってもらいたい」とそれぞれ意気込み。
まだ総選挙でランクインした経験がない小栗は「速報37位にランクインすることができて、すごくすごく嬉しかったんですけど、本番まで数日あるので、その数日間1つ1つの活動を一生懸命頑張って、ファンの皆さんと一緒に目標の16位を目指したい」と言葉に力を込めた。

グループ総監督の横山由依は「いま喉の調子が良くなくて、普段は極力ケータイのメモ機能を使ってメンバーと会話しているんですけど、喉を治して元の声でスピーチができたらいいなと思ってます」とコンディションの回復を祈りつつ、総合プロデューサーの秋元康氏が天候の心配をしていたことを明かし、「雨は降ってほしくないんですけど、思い出に残る総選挙になればいいなと思っています」と当日に期待を込めた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top