三代目JSB岩田剛典が車イスの建築士に 杉咲花とW主演で「パーフェクトワールド」映画化

W主演の岩田剛典と杉咲花

講談社「Kiss」にて連載中の有賀リエ『パーフェクトワールド』の実写映画化が決定し、三代目J Soul Brothers/EXILE岩田剛典と女優の杉咲花がW主演することがわかった。


フランスの老舗漫画雑誌「Animeland」で2016年ベスト少女漫画を受賞した原作は、車イス生活になった初恋の人との再会を軸に、仕事、生きること、そして恋する気持ちを障がいという難しいテーマで扱いながら、ストレートに伝える純愛ストーリー。
突然の事故で下半身に障がいをもち、車イス生活になってしまった建築士の主人公・鮎川樹を岩田が、初恋の先輩である樹を一途に思い、悩み、もがきながらも、一緒に前を向いて生きていこうとするOL・川奈つぐみを杉咲花が演じる。
岩田は2016年公開の有川浩原作の映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』に続く2作目の主演、杉咲は本作が初主演。

担当プロデューサーは、岩田と映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』で現場をともにしており、当時、初主演のプレッシャーの中、笑顔を絶やさず、弱音を吐かず、不屈の精神力で色々な壁を乗り越えていった姿から、「脊髄損傷を負いながらも、建築家の夢を追い続ける主人公・樹を、岩田さんなら演じ切って頂ける」と今回のキャスティングに至った。
杉咲については出演作を見て、ひた向きさ、純粋さ、そして真っ直ぐな目に魅了され、「初恋相手の樹の心に、真っ直ぐにぶつかっていくつぐみ役は、杉咲さんしかいない」とオファー。「純粋なラブストーリーの中で、杉咲さんがどんな表情を見せてくれるか楽しみです」と語る。

また、原作者の有賀リエはキャスティングについて「岩田剛典さん、杉咲花さんという力強いお二人に決まりわくわくしています。二人の恋にときめいたり、そして見終わった後はテーマの部分を身近に感じてもらえるような、そんな映画になればいいなと思っています」と期待を寄せている。

撮影は、2017年6月2日から都内近郊にてスタートし、7月中旬にクランクアップを予定。2018年公開。

岩田剛典コメント

漫画原作のキャラクターかつ身体に障がいをもった役柄ということで、どちらも自分にとっては初めて経験させて頂く役どころになります。
この作品のテーマでもある大切な人と障がいと共に生きていくという難しいテーマをより身近に感じて頂けるよう、真摯に向き合い、丁寧に演じたいと思います。

杉咲花コメント

樹とつぐみが想い合うように、スタッフ・キャストの皆様と儚くて優しい時間を現場で過ごすことができるよう、頑張っていきたいと思います。
原作の魅力を肉体を使って表現させていただくなかで、足し算や引き算が必要になることはきっとあると思うのですが、この作品を皆様の元へまっすぐお届けできるよう、映画だからこそ表現できる強さのような魅力があると信じて、自分にできることを考え、この作品に身を委ねていきたいです。
読者の皆様に愛されている原作、そしてその原作者である有賀リエ先生の想いに敬意をはらい、向き合わせていただきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top