EXILE ATSUSHI、盟友JAY’EDの応援に駆けつける 9ヶ月ぶりステージで熱唱

JAY’EDとEXILE ATSUSHI

EXILE ATSUSHIが10日、埼玉・越谷市のイオンレイクタウンmoriで開催されたJAY’EDのインストアライブイベントに登場した。


イベントはJAY’EDが6月21日にリリースするアルバム「Here I Stand」の発売を記念して行われたもので、ATSUSHIはJAY’EDとともに同アルバムのサウンドプロデュースを手掛け、リードトラックの「Here I Stand」では作詞も担当していることから、今回のイベントにスペシャルゲストとして参加。会場にはイベント開始前から長蛇の列ができ、開演前には場内満員の4000人のオーディエンスが集結した。

イベントが始まると、JAY’EDがダンサーと共に登場し、今作に収録されるアッパーチューン「Everybody -PKCZ® Remix-」を歌唱すると、集まったオーディエンスが手を振り、会場のボルテージが上がっていく。
1曲目を歌い終えたJAY’EDがMCでEXILE ATSUSHIを呼び込むと、会場は大きな歓声に包まれた。

現在アメリカに留学中のATSUSHIは、昨年、札幌ドームで開催されたソロツアーの千秋楽以来、約9か月ぶりの公の場。
ステージでは、JAY’EDの代表曲で今回のアルバムにも収録されている「ずっと一緒 feat.Duran(RED DIAMOND DOGS/Made in Asia)」を2人で歌唱。ATSUSHIの歌唱中に、風で譜面がめくれるというハプニングにJAY’EDがフォローするなど、10年来の盟友らしい息の合ったパフォーマンスに会場から暖かい拍手が沸き起こった。

イベントを終え、JAY’EDは「海外留学中にも関わらずスケジュールを割いてATSUSHIさんが駆けつけてくれて、沢山の刺激と共に大きな力を頂きました。ATSUSHIさんからのエールに、期待に応えなければという気持ちはもちろん、仲間に支えられている事を改めて実感したイベントでした。歌の力って凄いなと改めて思ったし、これからも沢山の人にJAY’EDの歌を届けていきたい」と語った。

(photo by 高田梓)



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top