キアヌ・リーブスが来日 主演作「ジョン・ウィック:チャプター2」PRのため

来日したキアヌ&チャド監督

米俳優のキアヌ・リーブスが11日、主演作『ジョン・ウィック:チャプター2』のプロモーションのため、同作のチャド・スタエルスキ監督とともに来日した。


キアヌ・リーブスの来日は2015年に公開された前作『ジョン・ウィック』での来日以来、約2年ぶり。成田空港には来日の噂を聞きつけたファンおよそ250人が集結。今か今かと待ち構えるファンの前に、ロングフライト明けにも関わらず笑顔のキアヌとチャド監督が登場すると、空港には歓声が響き渡った。
キアヌは大声で呼びかけるファンひとりひとりにサインし、集まった取材陣には「また日本に来られて最高の気分だ。とても幸せだよ!」とコメントした。
また会場にはチャド監督のファンも多く駆けつけており、「チャド!」という呼びかけに応じて、チャド監督も丁寧にサインなどのファンサービスを行った。

2人は、13日に都内で行われる『ジョン・ウィック:チャプター2』のジャパンプレミアに参加する。
前回の来日では、配給会社も知らないうちに自身のプロデュースするバイクで鈴鹿サーキットを爆走し、くまモンと記念撮影を行うなど、話題を振りまいただけに、今回の来日中の行動にも注目が集まる。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top