欅坂46、初アルバムを7月リリース 全40曲の大ボリューム&特典映像に初ワンマンのメイキング収録

1stアルバム発売を発表した菅井友香と守屋茜

欅坂46が7月19日に1stアルバムをリリースすることが16日、わかった。同日、欅坂46のキャプテン・菅井友香と副キャプテンの守屋茜が行ったライブ配信プラットフォーム「SHOWROOM」の生配信で発表した。


ドラムロールが流れる中、守屋が「欅坂46の1stアルバムが7月19日水曜日にリリースされることが決定しました!」と発表。鋭意制作中だと明かし、現時点で発表できる内容を紹介した。

アルバムは3形態で発売。
CDのみの通常盤には、これまでにリリースしたシングルに収められている全体曲14曲、さらに新曲1曲と欅坂46のライブでおなじみのオープニングSE「OVERTURE」を加えた全16曲を収録。
2CD+DVDのTYPE-Aは通常盤の内容にユニット曲4曲と、新曲8曲を加えた全28曲。同じく2CD+DVDのTYPE-Bは通常盤の内容にユニット曲5曲と、新曲7曲を加えた全28曲。
3形態合計で新曲16曲を含めた全40曲が収められる。

新曲の内訳は、漢字欅の楽曲が4曲、ひらがなけやきの楽曲が1曲、漢字欅+ひらがなけやき全体での楽曲が1曲。
そのほか、石森虹花、織田奈那、齋藤冬優花、佐藤詩織、土生瑞穂による“五人囃子”、上村 莉菜、尾関梨香、小池美波、長沢菜々香、原田葵、米谷奈々未の“156(イチコロ)”など新しいユニット曲も多数収録され、菅井、守屋、加藤史帆、佐々木久美による、初の漢字欅+ひらがなけやき混合ユニットも。

TYPE-AのDVDには、これまでにリリースしたシングル表題曲4曲のMVに加え、2016年12月に有明コロシアムで開催した初ワンマンライブのメイキング映像「The documentary of 有明コロシアム」を収録。
TYPE-BのDVDには「エキセントリック」のMV、「W-KEYAKIZAKAの詩 32人ver.」MV、さらに、これまでにリリースしたシングル表題曲4曲のMVのメイキングが収められる。
番組では「The documentary of 有明コロシアム」の内容をまだ見ていない2人が、映像に入れてほしいシーンを発表。
菅井は「収録されてほしいとはまた違うかもしれないけど」と前置きをした上で「『世界には愛しかない』で間違えた」というエピソードを紹介。「花道を全力で走るシーンがあったのだけど、そこのポジションが難しくて間違えちゃった。気づいたら自分の予定した場所より近いところに止まっちゃって」と裏話を披露した。
一方、守屋は「開始15分前に号泣」というエピソードを紹介。「急にライブで最後の締めの言葉を言わなければいけなくなって…プレッシャーや、やらなきゃいけないことが当時の私には重すぎた」と副キャプテンとしての苦労を明かした。
さらに2人が入れてほしいシーンとして「青空メンバーで全力ダッシュ」と、「青空が違う」を披露する前後について言及。守屋は「着替え部屋からステージまでがすごい距離で、会場の外を半袖で『寒い』とか言いながらみんなで走った」とライブを振り返った。

最後には6月19日(月)にもSHOWROOM配信を行うことを発表。「さらに重大発表をします」と期待を煽る言葉を残して、今回の配信を終えた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

関連記事


Top