乃木坂46、タイ観光大使に就任 タイ、アユタヤ、プーケットの3都市を巡る女子旅を提案

タイの観光大使に就任した乃木坂46

乃木坂46がタイの魅力をPRするタイ国観光大使に就任。19日、都内で行われた就任記者発表会にメンバーの齋藤飛鳥白石麻衣、新内眞衣、高山一実、西野七瀬、堀未央奈、松村沙友理が出席した。


7人はタイのバンコク、アユタヤ、プーケットを中心とした全6本のプロモーション動画「こんなタイ知らなかった」に出演し、それぞれのエリアの魅力を紹介する。
また、新たに開設されるオリジナルサイトおよびインスタグラムアカウントでは、乃木坂46メンバーがタイ旅行を満喫している様子や彼女たちが訪れた場所を紹介し、タイの楽しみ方を提案していく。

記者発表会では、白石がタイ国政府観光庁のシースダー・ワンナピンヨサック氏から委嘱状を受け取り、7人が動画撮影時のエピソードや現地でのオフショットを交えてタイを魅力をアピール。
プロモーション動画について齋藤飛鳥は「さっきみんなで見たんですけど、すごくオシャレな映像にしていただいて、『あ〜また行きたいな』って気持ちになりました」とコメント。松村沙友理は「タイは街がカラフルで、どこで撮ってもオシャレに撮れる。是非皆さんも同じように旅ムービーを撮ってもらいたい」と語った。
最後は西野七瀬が「私たちも今回いっぱいタイのいいところや知らなかったことを知れました。まだまだたくさんの魅力がタイには溢れていると思うので、これから多くの方に新しいタイを見つけに遊びに行って欲しいです」と締めくくった。

また、本日6月19日21時に開設予定のインスタグラムに最初に投稿する写真をその場で撮影。西野がセルフィーを握り、シャッターを押した。

■乃木坂46と巡る“こんなタイ知らなかった”スペシャルサイト
http://nogizaka46.thailandtravel.or.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top