• イベント
  • 記者発表会や各種芸能イベントなどの話題

乃木坂46がタイの女子旅を振り返る 松村沙友理「“白石とプーケット”は最高」

乃木坂46がタイの魅力をPRするタイ国観光大使に就任。19日、都内で行われた就任記者発表会にメンバーの齋藤飛鳥、白石麻衣、新内眞衣、高山一実、西野七瀬、堀未央奈、松村沙友理が出席した。


登壇した7人は「乃木坂46です。サワディー・カー」とタイ語で挨拶。タイのバンコク、アユタヤ、プーケットを中心とした全6本のプロモーション動画「こんなタイ知らなかった」やキービジュアルの撮影エピソードや、オフショットを紹介した。

プーケットで撮影を行った白石と松村。松村は「私たちは同い年で乃木坂の中でもお姉さんなので、ちょっとお姉さんっぽいことをしました。ご飯食べる時もシャンパン飲んだり」と旅先での様子を明かすと、他のメンバーから「え〜、オシャレ〜」と羨望の眼差し。
オフショットからお気に入りの一枚を紹介する場面では、松村がレストランで対面に座った白石の写真を紹介し、「タイトルは『“彼女とプーケットなう”に使っていいよ』です」とSNSの流行にのっかったネーミングで笑いを誘った。
現地で写真をたくさん撮ったという松村は「まいやんをすごい撮りました。もう、白石とプーケットって最高なんですよね」と力説しだし、「空も、海も、砂浜も、白石も綺麗。何をしても画になる。そうさせるのがプーケットだと思う」と白石とプーケットの相性の良さを絶賛した。
2人は自他共に認める“バカップル”としてファンからも愛されている仲良しコンビ。記者から白石の魅力を聞かれた松村は「まず、生まれてきたことがすごい。生きていて、いま私の横で触れるのもすごい」とノロケて、白石が記者に向かって「すいません」と照れながら頭を下げる一幕もあった。

齋藤飛鳥、新内眞衣、堀未央奈の3人はバンコクへ。
現地で体調を崩したという堀は、バンコクの感想を求められると「体調を崩していて、1人だけ不思議な体験をたくさんしたので、あまりバンコクの宣伝にはならないかも」とした上で、「バンコクの病院がすごく大きくて綺麗で、皆さん優しくて、バンコクの病院に行く機会はほとんどないと思うので、貴重な経験でした」と一風変わった体験を振り返る。
すると齋藤は「私と新内は堀のことなんか気にせず、浮かれに浮かれまくってました」と破顔一笑。「バンコクって若い女性が楽しめるのかなってイメージがあったけど、実際に行ったらすごく楽しめて、あまり時間がない中でショッピングに行って試着とかいっぱいして、素で楽しみました」とタイ旅行を満喫した様子だった。

アユタヤを訪れた西野・高山ペアはこの日の衣装も統一感のある装い。高山は「いつか誰かとペアルックをやりたいって願望があったのでこういった形でかなって嬉しい」と笑顔を見せた。
現地でゾウと一緒に撮影した西野は「最初はちょっと怖くて、ゾウさんが急に機嫌が悪くなったらどうしようって思ったんですけど、私とこのゾウさんの歳が近かったみたいで、気が合って、楽しく撮影できました」と回顧。後から合流したという高山は「なーちゃんがゾウと仲良くなってて、鼻に絡まったりしててすごかった」と驚きを露わにしていた。

関連記事