松本潤×有村架純「ナラタージュ」禁断の恋に落ちる2人を描く予告編解禁

「ナラタージュ」予告編解禁

主演・松本潤、ヒロイン・有村架純で禁断の純愛物語を実写化する映画『ナラタージュ』の予告編が解禁された。


映画は2006年版「この恋愛小説がすごい」1位に輝いた、島本理生の同名小説が原作。許されない恋に悩みながらも思いに抗えない高校教師葉山貴司を松本潤、葉山を全身全霊で愛する20歳の工藤泉を有村架純が演じ、『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲監督がメガホンを握った。
高校教師と生徒として出会った2人が、時が経ち再会したことで、狂おしいほど純粋に禁断の恋に落ちるさまを描く。

予告篇は、雨の中、傘をさす泉(有村)と、その視線に交差するようにうつろな目をした葉山(松本)が車内の窓越しに振り替える、けだるさの中に、意味深な余韻を漂わせるシーンから始まる。孤独な泉を教師である葉山が救った高校生時代の出会いから、卒業後に再会し、2人で過ごした日々が、泉の想いとともに映し出される。
思い悩む葉山の表情や、頬を静かにつたう泣き顔の泉、まっすぐにお互いを見つめあう2人、そして、ベッドから見えるはだけた葉山の背中……。許されないけれど止められない想いをぶつけ合いながら恋に落ちていくふたりの、切なく激しい恋の断片が切り取られている。
また、泉を想う小野(坂口健太郎)の健気な姿、大人になった泉の同僚となる宮沢役の瀬戸康史、葉山の妻美雪役の市川実日子の姿も本映像で初公開となった。





この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top