土屋太鳳&兄系イケメンズがガチバトル 最後は白熱のフリースロー対決で決着 

『兄に愛されすぎて困ってます』公開直前イベント

土屋太鳳、片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、千葉雄大、草川拓弥(超特急)、杉野遥亮が20日、都内で行われた映画『兄に愛されすぎて困ってます』の公開直前イベントに登場した。


この日、5人は“画伯”として知られる片寄が今日のために描いたイラスト入りの色違いTシャツを着て登場。「意外に上手く描けた」という片寄は、会場から「欲しい!」と声があがると、「ちょっと商品化できるか聞いてみます」と満更でもなさそうだった。

イベントでは、劇中で土屋太鳳演じる橘せとかを巡って、兄系イケメンズが恋のバトルを繰り広げることにかけて、チーム対抗のガチバトルを実施。土屋&片寄の橘兄妹チームと千葉、草川、杉野の3イケメンズチームに別れ、サッカー、お絵かき、フリースロー、の3番勝負を行った。
土屋は「今日はガチで戦ってまいりたいと思います」と気合十分。対する千葉も「3イケメンチームの最年長として、橘家には負けません!頑張ります」と闘争心を燃やす。

最初の対決は片寄と草川によるサッカー対決。
土屋と千葉がジャンケンで先攻後攻を選び、先攻となった橘兄妹チームの片寄は「さっきリハーサルしたんですけど、お客さんがいると全然違う」と緊張の面持ちでゴールを狙うも、惜しくも失敗。草川も1本目を外し、結果は2-2の引き分け。ともにサッカー経験者の2人は悔しさをにじませた。


2種目めはお絵かき対決。30秒で描いた絵が何を描いた絵なのか、そのお題を同じチームのメンバーが当てるというもの。
土屋は「自信はないんですけど、“画伯”の妹ですので、誇りを持って臨みたいと思います」と意気込み、千葉は「結構自信あるんですよねー。画伯ほどじゃないんですけど」とニヤリ。
動物の「サイ」がお題となった1問めでは、千葉が特徴を捉えた絵を描き、3イケメンズが見事正解。橘兄妹チームは鼻の先にあるはずの角が頭部から生えていたため、片寄が「シカ」と答えて不正解となった。
2問目は両者正解し、この対決を2:1で制した3イケメンズがリードする展開に。

最後の対決はバスケットボールのフリースロー。中学1年生から3年生まで3年間バスケットボールをやっていた土屋と、小学5年生から高校3年までやっていた杉野の勝負となった。
土屋は1本目を見事成功させるも、その後は決められず、リハーサルでは連続して決めていた杉野は全て外し、結果は1-0で橘兄妹が勝利。杉野はがっくりと肩を落とした。
3番勝負は1-1の同点となり、急きょフリースローのサドンデス対決に突入した。片寄、草川、千葉も参加して次々とフリースローに挑戦するも、なかなかゴールが決まらず、橘兄妹チームの5順目で土屋が決めてようやく決着がつくと、2人でハイタッチして勝利を喜んだ。


見事勝利した橘兄妹チームには“兄こまメダル”が贈られ、片寄は「ガチだったので、緊張感もあるなかで勝てて嬉しい」と喜びを噛み締め、土屋は「すごい緊張したんですけど、お兄をはじめ、みんなとこういう時間を過ごせてとても楽しかったです」と笑顔。
3イケメンズは惜しくも敗れたが、千葉は「楽しかったですね。本当にガチバトルで、燃えました」とやりきった表情を浮かべ、草川は「真剣に挑むことができたんですけど、まあやっぱり橘兄妹には敵わない。2人の兄妹愛には負けました」と感服。
最後に感想を求められた杉野は「僕が言っていいのかわからないけど、すごいいい勝負だった」と言って会場を笑わせ、イベントを締めくくった。

映画『兄に愛されすぎて困ってます』は、6月30日(金)全国公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top