「心が叫びたがってるんだ。」実写版公開を記念して劇場版アニメを地上波初放送

実写映画「心が叫びたがってるんだ。」

2015年に公開された劇場版オリジナルアニメ『心が叫びたがってるんだ。』を実写化する映画『心が叫びたがってるんだ。』が7月22日に全国で公開される。


興行収入11億円を超えるヒットを記録した劇場版オリジナルアニメ『心が叫びたがってるんだ。』は、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』のスタッフ、⻑井龍雪(監督)、岡田麿里(脚本)、田中将賀(キャラクターデザイン)の3人が再結集して作り上げた、完全オリジナル⻘春群像劇。
今回、実写版の公開を記念して、この劇場版アニメの地上波初放送が決定した。7月29日(土)21時より、フジテレビ 土曜プレミアムにて放送される。

さらに、実写映画のWEB版予告編が解禁。「言いたいことがあるならはっきり言えばいいのに」という仁藤菜月(石井杏奈)の言葉ではじまり、伝えられないそれぞれの想いが交錯していく。
幼い頃、自分の一言で両親が離婚してしまい、それ以来、言葉を封印された成瀬順(芳根京子)が振り絞るように「言葉は傷つけるんだから!後悔したって取り戻せないんだから!」と叫ぶ。「好きなんでしょ?成瀬さんのこと・・・」と泣きながら想いを口にする、拓実(中島健人)の元恋人の菜月。「どうしても言えなかった・・・」と涙ぐむ甲子園の夢に破れた野球部の元エース田崎大樹(寛一郎)。お互いを見つめる視線にも感じられる切なさやもどかしさ。心の奥底にあった伝えたかった想いがあふれ出してくるような映像となっている。

また、劇場版アニメで成瀬順の声を担当した水瀬いのりが実写版に出演していることも明らかとなった。揚羽高校の女子生徒の一人として登場する。実際に揚羽高校の制服を着た水瀬の姿にも注目だ。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top