実写版「銀魂」豪華キャスト揃い踏み 無秩序状態のジャパンプレミアに主演・小栗旬「こんな映画です」

映画「銀魂」ジャパンプレミア

人気コミックを実写化する映画『銀魂』のジャパンプレミアが28日、都内で開催され、小栗旬、菅田将暉橋本環奈、柳楽優弥、新井浩文、吉沢亮、早見あかり、ムロツヨシ、長澤まさみ、岡田将生、佐藤二朗、菜々緒、安田顕、中村勘九郎、福田雄一監督が登壇した。


本作は天人(あまんと)と呼ばれる宇宙人に支配された江戸を舞台に、主人公・坂田銀時(小栗)と、ひょんなことから出会った志村新八(菅田)と神楽(橋本)が営む万事屋の周りで起こる様々な事件を描く痛快エンターテイメント。。
冒頭、坂田銀時役の小栗旬は「普段はグ〜タラだけど、守るべき物のためには闘うというところがカッコいい」と演じた役どころの魅力を熱く語るも、橋本環奈のトーク中に会場から飛んだ「可愛い〜」という声に、ムロツヨシが「ありがとう!」と応えたのを皮切りに、イベントは無秩序状態に。

菅田将暉は神楽役で新境地に挑んだ橋本について「今回、神楽が鼻ほじったり、ゲロ吐いたり、とてもアイドルらしからぬ行動をするわけじゃないですか。でも本当に誰よりも楽しそうだった。だんだんカメラマンとかにも喧嘩売りはじめた」と冗談めかして語ると、福田雄一監督がこれに乗っかり、「菅田さん菅田さん、そこは事務所NGだから」と警告。橋本は「売ってない!本当に!」と必死に弁解し、「やめてもらっていいですか?」とピシャリ。

原作でも裸のシーンが多い真選組の近藤勲を演じた中村勘九郎は「撮影がとても暑い時期で、皆さん暑い思いをされてたと思うんですけど、僕はほとんど裸だったので、全然苦労してない」と撮影を自虐的に振り返り、「ロケの休憩時間はだいたいガウンを着ていたので、皆から『AV男優』って言われてた」と笑いを誘った。
続いて同じ真選組・土方十四郎役の柳楽が「(中村が)全裸で素振りしながら大事な話をしているシーンで、笑いを堪えるのが大変でした」と苦労をにじませると、福田監督は「堪えられてないんですよ。すごいシリアスなシーンなんですけど、ここで柳楽くんが笑っちゃって4回NG出してる」と暴露。
すると菜々緒が、佐藤二朗とのシーンで笑いが堪えきれなかったことに触れ、「柳楽くんは4回もやり直しできたのに、なんで私のシーンは使われてるの?」とクレーム。福田監督は「それはですね、佐藤二朗が同じことを2回できなからです」と責任転嫁。福田監督は菜々緒に「大丈夫だよ、編集で切るから。俺めっちゃ上手いから」と伝えていたそうで、菜々緒は「真っ直ぐな目で言われたのに、試写室で『裏切られた〜』って思った」と恨み節だった。

その佐藤二朗は「みんなのアクションシーンの撮影は2~3日かかってるけど、俺と菅田のシーンは賞味7分くらいで撮影が終わった」と話して会場を驚かせる。菅田も「メイク時間のほうが長かった。段取りもなくていきなり本番だった」と同調。
福田監督は「その7分の格闘シーンの後、夜の11時まで環奈ちゃんと菜々緒ちゃんの格闘シーンを撮ったんですよ。2人に『どうしてあの2人はさっさと終わって帰ったの』って言われた。しかも結果的に尺は二朗さんと菅田くんのほうが長いんですよ。だから怒られても仕方ない」と申し訳なさそうにしていた。

新八の姉・妙役の長澤まさみは「芸能界に入ってからやったことない変顔をした」と本作を回顧。福田監督が「昨日『次はもっとやれます』ってメールが来た」と明かすと、長澤は「反省点が見えた。もうちょっとって、欲張っちゃいました」と照れ笑い。
この日トップバッターで壇上に上がり、イベントの終盤でトークの順番が回ってきた岡田将生は「やっと喋れる。早く喋りたかった」と話し始めるも、ムロツヨシから「しゃべりたまさき」と茶々を入れられ、「うるせーんだよもう!」と一喝。菅田から「まさき〜」といじられると「おまえもまさき〜」と返し、会場を沸かせた。

最後にひと言求められた主演の小栗は「はい。こんな映画です」とまとめて会場の笑いを誘い、「だいぶ伝わったと思います。こんな映画になってますので、楽しいと思います」とアピールして舞台挨拶を終えた。

映画『銀魂』は7月14日全国公開。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top