中条あやみ主演で“美女とオタクのラブストーリー”が実写映画化

©2018 映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会 ©那波マオ/講談社

モデルで女優の中条あやみが、累計発行部数100万部の人気漫画を実写化する映画『3D彼女 リアルガール』に主演することがわかった。


本作は那波マオによる同名漫画を『ヒロイン失格』『トリガール』の英勉監督が実写映画化。
リア充とは程遠く、アニメやゲームのバーチャル(2D)な世界で満足している高校生の筒井光は、ある日、派手でツンツンしていて男グセの悪いリア充完璧超絶美少女・五十嵐色葉に告白される。
そこへ色葉との交際を「オタクのくせに、絶対認めない」と不快に思うイケメン男子や、そのイケメン男子を紹介する交換条件でデートの熱血指導をしてくれる女子も登場。さらには趣味が異様に合って盛り上がってしまう2次元オタク後輩女子に告白されたりと、これまでにないこと尽くしの展開に。笑って泣いてキュンとする「美女とオタク」のラブストーリー。

中条あやみが演じるのは、派手でツンツンしていて男グセの悪いリア充完璧超絶美少女・五十嵐色葉。「英監督に劇中のセリフをなぞって『よくできたフィギュアだ』と仰っていただいたのでハードルがあがって緊張してしまいますが、色葉のようにマイペースでどんどん周りを巻き込んで、丁寧にそして楽しく皆で一生の思い出になる素敵な作品をつくっていきたいです」と意気込む。

リア充とは程遠く、アニメやゲームのバーチャルの世界に没頭するオタク高校生“つっつん”こと筒井光を演じるのは、『ミックス。』『ちはやふる -結び-』など話題作への出演が続く佐野勇斗。原作を読んで「筒井の人柄が大好きになりました」という佐野は、「暗い役かと思いきや物事にとても真剣で一つのことをつきつめていく熱いところを持った中身のイイ男だと思います。その人物に近づけるよう僕なりに様々な角度で挑戦していきます!」と気合十分だ。

映画『3D彼女 リアルガール』は2018年全国公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top