窪田正孝、原作者描き下ろしのイラストに感激 大泉洋も羨む

映画「東京喰種 トーキョーグール」ジャパンプレミア

映画「東京喰種 トーキョーグール」ジャパンプレミア

映画『東京喰種 トーキョーグール』のジャパンプレミアが10日、都内で行われ、窪田正孝、鈴木伸之、桜田ひより、蒼井優、大泉洋、小笠原海、白石隼也、相田翔子、栁俊太郎、前野朋哉、萩原健太郎監督が出席した。


映画は石田スイによる同名の人気漫画が原作。人の姿をしながらも人を喰らう怪人“喰種(グール)”と人間が共存する街・東京を舞台に、臓器移植によって半喰種となってしまった青年・金木研(窪田)の数奇な運命を描く。

上映劇場の前に敷かれたレッドカーペットにキャストが勢揃いすると、主演の窪田正孝は「いよいよ、『東京喰種』が日本で上映となります。自分が生きているつもりでも実は人に生かされていたりとか、周りの人への感謝だったり、そういうメッセージ性がすごくあって、エンターテイメントとしてもすごく楽しめる作品ですし、ヒューマドラマでもある」と作品をアピールした。

原作者から贈られたイラスト

原作者から贈られたイラスト

レッドカーペットセレモニーに引き続いて行われた舞台挨拶では、この日のために原作者・石田スイが窪田をモデルに描き下ろした主人公カネキのイラストが、サプライズで窪田に贈られた。
イラストを受け取った窪田は、思わず小声で「やばい!」と目を丸くし、「ホクロもちゃんと定位置に書いてくださっていて、本当にありがたいです。先生お忙しいのに、感謝の言葉しかない」と感激しきり。

すると大泉が「実は私も、撮影中に石田先生が僕の真戸呉緒を色紙に書いてくれたんですよ」と、自身が演じた真戸呉緒のイラストを描いてもらったことを明かす。「ところが先生は僕の顔を『水曜どうでしょう』の顔を見て書いたらしくて、すげー間抜けな顔しているんですよ。いまいちカッコよくない。こういうのが良かったなあ」と羨んでいた。

映画『東京喰種 トーキョーグール』は7月29日(土)公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top