魅惑的なヒロイン演じた広瀬すず、菅田将暉の「美しくてドキドキ」に満足気

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』製作報告会見

女優の広瀬すずと俳優の菅田将暉が11日、都内で行われたアニメーション映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の製作報告会見に出席した。


本作は、岩井俊二の名作ドラマを『モテキ』『バクマン。』の大根仁が現代的な要素を加え、新たに脚本化。『魔法少女まどか☆マギカ』の新房昭之が総監督を務め、アニメーションスタジオ「シャフト」とタッグを組み、夏のある1日の、淡く瑞々しい少女と少年たちの恋と冒険を描く。

島田典道役でアニメーション声優初挑戦となった菅田将暉は「デビュー作がライダーだったのでアフレコの経験はあるんですけど、当時は『ハッ!』とか『ヤアッ!』とか、繊細さのかけらもない必殺技の声くらいしかやったことなかったので、こんなに言葉の1音1音のちょっとした上ずり方とか、トーンの弾み方で変わる少年少女の微妙なところを声で表現するのは難しかった」と振り返る。
そんな菅田との共演の感想を聞かれた広瀬が「すごい方だなと思った」と答えると、菅田は「ほんまか?」と疑いの目を向ける。広瀬が「嘘じゃないですよ」と力説するも、「こうやってすぐ大人をいじってくる」と謙遜していた。

その広瀬は『バケモノの子』以来、2作目のアニメーション声優。「脚本が大根さんなので、アニメーションなんだけど実写の会話のテンポというか、言い回しだったりで、自然にこの世界に溶け込んでいけるような印象を受けた」と台本を手にした時の感想を語る。
演じたヒロイン・及川なずなは、どこか小悪魔的なところもある少女。「色っぽい印象もあったので、そういう役柄が初めてというのもあって、1人そわそわしてました」と収録を振り返った。

菅田は「広瀬さんのなずなの声がすごく美しくて、ドキドキした」といい、「色っぽいというか、僕はどっちかというとエロいなと思っていたんですけど」と笑いを誘いながら、「中学生の頃の、男より女の子のほうが大人びている感じをそのままやれた」と、広瀬の声に合わせて、なずなに密かに想いを寄せる典道を演じられたと語る。
菅田の言葉を受けて広瀬は「なずなちゃんの画を見た時に中学生というよりは女性だったので、どこか典道くんよりは余裕をかましていけたらいいなと思っていたので良かったです」と満足気な笑みを浮かべていた。

この日の会見には声優の宮野真守、女優の松たか子、原作の岩井俊二氏、企画・プロデュースの川村元気氏も出席。すでに世界110の国と地域での配給が決定したことも発表された。
『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』は、8月18日(金)公開。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top