本田翼ら、ファンの反応に安堵 イベントで映画「鋼の錬金術師」キャラクタービジュアル先行公開

「鋼の錬金術師」ファンイベント

映画『鋼の錬金術師』のファンイベントが12日、都内で行われ、本作のキャストを代表して本田翼、本郷奏多、佐藤隆太、そして曽利文彦監督が登場した。


映画は月刊「少年ガンガン」で2001年から2010年まで連載された荒川弘による人気漫画が原作。幼い頃に亡くした母親を生き返らせようと禁忌を犯し、左足と右腕を失った錬金術師・エドと、鎧の姿となってしまった弟・アルの、波乱に満ちた冒険と成長を描くファンタジードラマ。

イベントでは、主要キャラクターのビジュアルが先行初公開された。コミックの発行部数が世界累計7,000万部を超える人気漫画の実写化とあって、多くの原作ファンを前にキャスト陣はやや緊張の面持ち。
ウィンリィのビジュアルがスクリーンに映し出されると、演じた本田はこわごわと客席を見やり、拍手が湧き起こると「良かった〜」と安堵の表情を浮かべた。「連載当初から読んでいて大ファン」だといい、「自分がやるってなった時に嬉しさと不安が混じりあって何も言葉がでないような気持ちになりました」と並々ならぬプレッシャーがあったことを明かした。

本郷演じるエンヴィのビジュアルが公開されると、会場からはひときわ大きな歓声。本郷は「どうやってビジュアルを作っていこうかと監督とたくさん相談して、カツラ合わせや衣装合わせを5、6回やった」と、髪の毛の質感にまでこだわって再現のクオリティを追求したことを明かし、「どういう反応していただけるかなって、気になっていたんですが、良かったです」と好感触に胸をなでおろしていた。
この日、先行公開されたキャラクタービジュアルは、明日13日に新予告編とあわせて映画公式サイトなどで公開される。

イベントは2部構成で行われ、「漫画・アニメの部」には声優の朴璐美、釘宮理恵が登壇した。
映画『鋼の錬金術師』は、12月1日(金)公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top